今のりんご園の様子(施肥)

100409sehi-map.gif

100409sehi-logo.gif

4月に入り、桜の蕾が大きくなるとともに、北国の春も本番を迎えました。りんご園では若草が萌えはじめ、春の訪れを知らせてくれます。

100409sehi3.jpg

整枝・剪定が終わると、今年の最初の施肥が始まります。

私たち人間は穀物、野菜、お肉など、いろいろな種類の食物を摂って生きていますが、りんごの樹も同じく、十分に肥料を施せば、おいしいりんごを実らせます。施肥作業は一年間に数回行い、春の施肥作業を「春肥」とよび、他にそれぞの季節に行なう「秋肥」「冬肥」があります。

100409sehi5.jpg肥料をまいている様子 

100409sehi4.jpgりんご畑で活躍する運搬車

施肥をする際には、肥料が肌に付着しないように、マスクや手袋を着用します。肥料の籠を持ち、りんごの木のまわりに撒いていきます。一見簡単なようですが、天気、風の方向などをいろいろ考慮しなければなりませんので、かなりの経験が必要です。

春の施肥はこの後、6月の終わりころまで数回に分けて追肥を行います。

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg