りんご農家のお嫁さん日記-⑳ ふじの栽培-

100426yomesan-logo.gif-20.ふじの栽培-

 

今年は、風がとても少ない年だと思います。
例年ですと、強い風が吹いて、
りんごが落果してしまったり、表面にすり傷がついたりして、
良い品が格外になってしまうことがあるのですが、
幸いなことに、今年はそれがありません。
それに、りんごの値もとても良いようです。
平成3年の台風19号以来、
りんご農家にとっては珍しく嬉しい年だと思います。
私が嫁いできたあたりは、「むつ」という、
玉が大きくてピンク色のりんごが、
今の3倍くらいの値で競りおとされていました。
といっても、当時はりんごに関しては全く無知でしたので、
その話を身にしみて感じたのはもっともっと後のことでした。
 

今は「むつ」の数量は少ないようです。
やはり、「ふじ」が主流になってきているようです。
「ふじ」は、味や外見などが安定しているので、
お客様に最も喜ばれる品種だと思います。私も大好きです。
特に我が家のりんごは、他のりんご農家のものよりも、
甘くて酸っぱくて、味がぎゅと凝縮しているんです!
なーんて、私が「自分のうちはそうだ!」
と思っているように、他の農家の方々も、
「自分のりんごが一番!!」と言っているんだろうな~と思います。
 

我が家では、葉取らずりんごも栽培しています。
反射シートを園地に敷き詰めて、あとは収穫を待つだけです。
(もちろん、その間にやらなければならない作業はいっぱいありますが。)
反射シート敷きは、本日の午前中に終了しました。
ということで、今日は雨も降っているので、
午後は少し遠くのスーパーまで出かけてきました。
収穫期は忙しいので、空いた時間に食料を買いだめして、
なるべく外出を控えるようにしています。
 

さて、スーパーは平日だというのにとてもにぎわっています。
我が家では、果物コーナーに行くといつもバナナを買います。
今日はバナナの特売日だったので、もちろん買ってきました。
それにしてもりんごは店頭に並んでいても、元気がないですね~。
りんごどころのお店だからでしょうか?
美容と健康を考えるなら、りんごが一番!
…なはずなのに、バナナのコーナーが人気のようです。
店頭でもっとりんごが中心的にディスプレイされていればいいのになぁ・・・。
お店に行くと、りんごをつくっている私でさえ、他の果物に目がいきます。
県外のお店では、りんごはどのように売られているのでしょうか?
 

「ひろさきふじ」の収穫はやっと終わりました。
出来栄えは例年通りだと思います。
つる割れ果は多くも少なくもなく、いつも通りの量だと思います。
ただ、「ひろさきふじ」は加工用に出荷しても、他の品種よりも高値がつきます。
あますところがないことが、「ひろさきふじ」の利点です♪
 

ところで、我が家の「ふじ」はほとんどが葉取らず栽培です。
葉を取らないことで、葉を取るものよりも光合成がたくさん行なわれ、
甘味がぐーんと増すんです。
葉を取った「サンふじ」とはやはり甘味、酸味がちがいます。
ただ、味は絶品なのですが、値段も人気も「サンふじ」に負けます。
見た目は、実の表面に葉の形が白く残っていて、あまり良くありません。
また、葉を取る作業がないため、人手もかからずコストダウン。
 というわけで、あまり高値で買われないのです。
我が家では作業人数が少ないため、葉を取らないという方針です。
私の考えとしては、これからもやはり「サンふじ」の方が安定していくと思います。
 

ラスト1ヵ月!りんご農家の皆さん、がんばりましょう!

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg