今収穫されているりんご「金星(きんせい)」

shukaku.jpg-「金星」-

「金星」は、青森県弘前市の佐藤肇氏が1954年に育成した品種で、種子親は「ゴールデンデリシャス」で、花粉親は「デリシャス系品種」と言われています。黄金色のりんごであることから、1968年に「金嶺」と命名されましたが、登録の際に「金星」に改名し、1972年に名称登録されました。

果重は350g程の大きさで、果形は円~円錐形です。果肉は適度な硬さで、多汁で香りがよく甘味が強いのが特徴です。

無袋栽培の「金星」は、表面のざらつきが多く、色がぼやけますが、有袋栽培では、きれいな金色になります。  下の写真のように、赤く三日月形をした色をつけているものもあります。これは、有袋栽培の袋を裂いてその部分のみ日光に当てて赤くしたものです。

無袋栽培の金星

091106kinsei-w.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有袋栽培の金星

101118kinsei-h.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三日月形に、赤く色をつけた金星

091113kinsei-mikatuki.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市場に出荷された三日月金星

101118kinsei.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

101118kinsei-cut.jpg

 

 

では、今年のもぎたての金星を食べてみましょう。

ナイフで切ると、切り口から果汁が溢れてきました。何といっても、香りがたまりません!!

そして、深~いコクのある独特な甘さを持ち、梨と桃のようなジューシーな味わい!

他のりんごにはない、独特な味をもった品種ですね。

みなさんも、店頭で「金星」を見かけたら、ぜひ食べてみてください!


 

 mailmagazine2.gif

 「りんご大学だより」は、りんごの魅力や、りんごの生育情報、おいしいりんごレシピなどを週1回お届けするメールマガジンです。
ご登録は無料です。あなたもりんごのあるおいしい生活をはじめてみませんか?

配信ご希望の方は、こちらへ

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg