りんごの丸かじりが体にイイのはなんで??

 

 

 丸かじりが体にいいとされる鍵を握るのは、ずばり、りんごの「」なのです。りんごの果肉だけでも十分な栄養はあります。が、皮には捨てるにはもったいない栄養がたくさん含まれています。

 

 皮があるのとないのとでは、ビタミンミネラルが違います。さらに大きく違うのはポリフェノール食物繊維です。

 りんごに含まれるポリフェノールの代表は、プロシアニジンアントシアニンエピカテキンの3つです。

 それぞれのポリフェノールが体にもたらす効果を下の表にまとめました。

プロシアニジンアントシアニンエピカテキン

肥満予防効果

アレルギーの改善効果

美白効果

視力の改善効果

高血圧の予防効果

 

抗酸化作用が強い

免疫力を高める

 

 

illust3445.png ポリフェノールは複数集まると、相乗効果でより抗酸化作用が強くなります。抗酸化作用というのは、活性酸素を抑えることです。んー。難しい。どういうことだかわかりますか??

 活性酸素というのは、簡単にいうと体に悪いものなんです。

 活性酸素が過剰に発生すると、老化や生活習慣病を引き起こしてしまいます。酸素添加物が含まれた食品や、喫煙、紫外線、ストレスなどは、体が酸化する元凶である活性酸素を発生しやすくします。体が酸化するということは、先程も言いましたね。老化や生活習慣病を招きます。

 活性酸素は怖いですねー。そこで救世主の登場!!

 りんごのポリフェノールで抗酸化作用が強くなるんでしたよね。そうです。りんごのポリフェノールの力で、活性酸素による酸化を抑えてもらおうということです。

 すごい!生活習慣病を予防できて、しかもアンチエイジングまでできてしまうんですね。だからりんごは丸かじりが良いのです。

 

illust1270.png では続いて、皮に多く含まれる食物繊維です。食物繊維に含まれるペクチンが体に良い働きをします。

 ペクチンには整腸作用があり、下痢や便秘を予防する効果があります。また血液中のコレステロールを下げる働きもあり、動脈硬化心筋梗塞糖尿病にもよい効果があります。

 ペクチンは皮と果肉の間に含まれているので、ペクチンを有効に摂るためにも皮ごとがぶりと食べましょう。 

 

りんごはよく洗って皮ごとまるかじりが一番栄養が摂れます!!

こんなに栄養の摂れてしまう「りんごの丸かじり」を

みなさんも習慣づけてみませんか??

 ringoline.gif

 mailmagazine2.gif
  「りんご大学だより」は、りんごの魅力や、りんごの生育情報、おいしいりんごレシピなどを週1回お届けするメールマガジンです。
ご登録は無料です。あなたもりんごのあるおいしい生活をはじめてみませんか?

 配信ご希望の方は、こちらへ

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg