Pride of Apple Place ~収穫実習~

 

 

 

今回の実習は「収穫作業」です!
11月16日(金) 5・6校時 りんご科3年 授業担当 佐藤雄大先生
 
今回はりんご科3年生による、「ふじ」の収穫作業の授業です。 
 

 この日は育ててきたりんごふじ」の収穫です。3年生にとっては、おそらく最後の収穫実習となります。

fujisaki5_15.jpg   fujisaki5_22.jpg

 今年は猛暑の影響で作業がずれ込み、例年よりも1週間は遅れているとのこと。前日に「王林」の収穫を終え、この日ようやくふじに手をつけられたそうです。

 みんなで集まって授業の目標、役割、収穫の際の注意事項を先生が説明します。といっても3年生なので、もぎとる際の注意点もよく知っている様子。各自はしごを持って、ふじの樹へ移動します。fujisaki5_01.jpg

 りんご科の生徒は、各自1本ずつ「ふじ」の樹を担当しています。本来はその自分の樹のりんごを収穫をするのですが、今年は例年にない作業の遅れにより、やむなく1年生の樹から収穫を始めました。

fujisaki5_03.jpg

 手かごを持ってはしごを登り、次々と手際よく収穫していく生徒たち。用意していたかごが次々と満杯になっていきます。さすがは3年生、慣れた様子で早いです!
fujisaki5_04.jpg  fujisaki5_05.jpg

今年のふじの出来を尋ねると、「少し色付きが悪いかな」と、少々物足りない様子。今年はおかしな天候が続いたため、日やけ、着色不良、落果が目立ちました。

fujisaki5_06.jpg  fujisaki5_08.jpg

fujisaki5_10.jpg  fujisaki5_23.jpg

                              いっぱいのかごが増えたら次々と運びます。

 

 かごが運ばれた先で行われているのは選果の作業。先生と生徒で協力しながら、良い実を選びます。

fujisaki5_02.jpg  fujisaki5_11.jpg

 授業開始から1時間もせずに、目標の作業終了。終わりまでまだ少し時間がありました。

fujisaki5_20.jpg

 実は生徒たち、次の週はまるっとテスト。収穫の授業ができません。ですが週末には雪が降るとの予報もあり、彼らの樹のりんごは先生たちでもいでしまう可能性が高いのです。

最後の年がそれではさみしいだろうと先生が提案したのは、自分の樹から1つりんごを採って、ここで食べようというもの。生徒たちは自分が管理する樹に向かい、りんごをひとつだけ手にとりました。

 やはり自分のりんごというのは特別なのか、みんな色づきなどをじっくりと見て味わいました。蜜も入って美味しそう!
fujisaki5_17.jpg    fujisaki5_16.jpg

 みんなで笑顔でりんごを食べて、実習もひとまず一段落。これから社会に出る生徒も多いですが、このりんご科で学んだ知識や培った経験があれば大丈夫!これからまたどんどん成長を続けていってください!

fujisaki5_21.jpg

 ありがとうございました!

 

~~~ 過去の実習内容 ~~~

・摘花・摘果作業 http://www.ringodaigaku.com/blog/2012/06/nbs-12.html

・葉取り実習    http://www.ringodaigaku.com/blog/2012/09/post-316.html

・中学生との交流授業① http://www.ringodaigaku.com/blog/2012/09/post-320.html

・中学生との交流授業② http://www.ringodaigaku.com/blog/2012/09/post-321.html

・生徒たちによる直売所  http://www.ringodaigaku.com/blog/2012/11/jr.html

全国唯一の”りんご科”の活動、どうぞご覧ください!

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg