2013年1月アーカイブ

統計集を更新しました

japanfromtheworld.jpg りんごのいろいろ統計集

 

 FAO(国連食糧農業機関)によると、2011年(平成23年)のりんご生産量は全世界合計75,635,283トン

 生産量1位は、ダントツで中国です!35,987,221トンで、世界合計の約47.6%を占めています。次いでアメリカ、インドと続きます。インドにいたっては2010年の63%増の生産量で、トルコやポーランドなどのヨーロッパ勢を一気に追い抜いての3位です。

 そして気になる日本はというと、2011年の生産量は655,300トン。前年の82%にとどまり、全世界では19番目の生産量でした。生産量の振り幅が他国に比べて大きいのは、四季が豊かで、天候に左右されやすい、ということでしょう。

 

◇世界の生産量◇
 
 
 ちなみに世界で一番生育されている品種は「ふじ」。日本生まれのりんごが全世界で高く評価されている証です。
ringoline.gif
 mailmagazine2.gif

 

   「りんご大学だより」は、りんごの魅力や、りんごの生育情報、おいしいりんごレシピなどを週1回お届けするメールマガジンです。
ご登録は無料です。あなたもりんごのあるおいしい生活をはじめてみませんか?

  配信ご希望の方は、こちらへ

『Bonjour!フランスのりんご』Vol.7を公開しました!

第7回目は、「新年最初の運だめし」です。

france7.jpg

 フランスには、キリスト教の暦にちなんで食べるお菓子がいくつかある。クリスマスのビッシュ・ド・ノエル、復活祭のチョコレート、そして、今回紹介する降誕祭のガレット・デ・ロワが有名だ。 

 

 「ガレット・デ・ロワ」は日本でも浸透してきています。フランスを意識したパティスリーなどでは、1月末までの限定商品として販売しているところも多いです。

 

feve.jpg「フェーブ」とは”そら豆”という意味で、元々はオブジェではなく本物のそら豆が中に入っていたそうです。フェーブの大きさは3cm程度のものが多く、置物としてかなり楽しめます!ついついコレクションしたくなっちゃうかも。

 

 

france_newbaner.jpg

本コーナーではフランス・パリ在住のライター 加納 雪乃 さんに、フランスのりんごについてご紹介していただきます。

フランスではりんごがもっとも多く食べられている果物とのこと。
お菓子やお酒、品種など、日本とは違ったフランス流の魅力がたっぷり!
りんごを通して、美食の国フランスの食文化に触れてみましょう!
 
ringoline.gif
 mailmagazine2.gif

   「りんご大学だより」は、りんごの魅力や、りんごの生育情報、おいしいりんごレシピなどをお届けするメールマガジンです。
ご登録は無料です。あなたもりんごのあるおいしい生活をはじめてみませんか?

 

 

electrical13.jpg

 

 毎年恒例、すっかり弘前市の冬の風物詩となった「弘前エレクトリカルファンタジー」。今年は街路樹のイルミネーションの他に、光のオブジェが現れました。

electrical13-4.jpg

 歴史ある洋館や観光館が立ち並ぶ追手門広場につくられたのは、高さ約10mもあるオブジェ。赤いドーム型の天蓋部分、モチーフはりんごです!

electrical13-2.jpg  electrical13-3.jpg
遠くから眺めてもヨシ、下から見上げてもヨシ!
 

 「弘前エレクトリカルファンタジー」が始まったのは平成3年。この年は「りんご台風」と呼ばれる台風19号の被害により、りんご農家をはじめ、弘前市が大きく落ち込んだ年でした。「街を希望あふれる光で照らそう」と市職員の有志などが募金活動を行い、たった1本の木から始まった取り組みです。

今では洋館など文化財もライトアップされていて、まさにファンタジーな気分を味わえます。

electrical13-1.jpg

来月には「弘前城雪燈籠まつり」も開催され、公園内も幻想的な灯りで満ち溢れます!冬の寒い夜でも、これなら楽しく乗り切れますね。

****************************************
◇弘前エレクトリカルファンタジー◇

期間:2月28日(木)まで

場所:追手門広場、市役所前、駅前広場 など

◇弘前城雪燈籠まつり2013◇

期間:2月8日(金)~11日(月)

場所:弘前公園内

※同期間に「弘前雪明り2013」も開催

◎昨年の様子 (左:弘前公園 本丸  右:吉野町緑地公園)
12yukitourou.jpg  12yukiakari.jpg
 
****************************************
ringoline.gif
 mailmagazine2.gif

 

   「りんご大学だより」は、りんごの魅力や、りんごの生育情報、おいしいりんごレシピなどをお届けするメールマガジンです。
ご登録は無料です。あなたもりんごのあるおいしい生活をはじめてみませんか?
 

 

「北欧からのお便り~Life in Sweden~」の第23号を公開しました!

hokuou23-1.jpg 日本でスウェーデンといえば、イケアを思い浮かべる人も多いでしょう!今や世界中に進出している家具メーカーです!今回は、そのイケアについて綴っています。

hokuou23-2.jpg

 イケアの最初の家具店がエルムフルト市にオープンしたのは1958年、既に五十数年前の事です。イケアの名前は創業者のイングヴァル・カンプラード(Ingvar Kamprad)の頭文字と、イングヴァル氏の生れ育った町、エルムタリド(Elmtaryd)とアグナリド(Agunaryd)の頭文字に由来し、1943年に社名が生まれました、イングヴァル氏が若干17歳の時です。

 

 イケアストアは現在、日本の主要都市を中心に展開されており、どれもが青と黄色のスウェーデン国旗のレイアウトなので、とっても目立ちます。中も広々と、いろんなデザインの家具や雑貨が置いてあるため、何時間でもいられそうです! 

第23号は、「大家具メーカー・イケア」です。
皆様どうぞお楽しみください。

 

hokuoukaranootaori1-1.jpg

 雄大な自然に囲まれ「森と湖の国」と言われる北欧最大の国スウェーデン。家具やファッションビジネスの分野でも発展を遂げ、「IKEA」や「H&M」に代表されるように、魅力的なデザインを世界へ発信。ここ数年は日本でも北欧ブームが続いています。
 
 そんなスウェーデンについてご紹介する
「北欧からのお便り~Life in Sweden~」
 
 本コーナーは、スウェーデン在住でマルカリド市議会議員の工藤信彰さん(青森県弘前市出身)にスウェーデンの魅力、食や習慣、文化などをご紹介していただきます。  
 
ringoline.gif
 mailmagazine2.gif

 

   「りんご大学だより」は、りんごの魅力や、りんごの生育情報、おいしいりんごレシピなどをお届けするメールマガジンです。
ご登録は無料です。あなたもりんごのあるおいしい生活をはじめてみませんか?
 

 

 

 

2013年りんご剪定勉強会

sentei2013.jpg 平年に比べ降雪量が異常に多い今年。昨年同様、豪雪の被害が心配されています。そんな中、りんご農家はすでに来年度に向けて動き始めています!
1月12日、青森県弘前市にて「りんご剪定勉強会」が行われました。 seitei13_5.jpg
 この時期になると毎年、各種団体主催による剪定会が各地で開催され、この日も雪深い園地には多くの生産者が集まりました。
 

「剪定」とは不要な枝を切り落としていく作業です。枝や葉が密集したままだと良いりんごが育たないため、1月~3月かけて、春が来る前にやってしまいます。

seitei13_2.jpg

 実際に剪定をしながらの講義です。参加者は樹をぐるりと囲むように円になり、講師の剪定の様子を見ていました。今年度の収量、来年度の見通し、土地・樹の状態など、様々なことを考慮して残す枝を見極めていきます。剪定も生産者によって多種多様、「こういうやり方もあるのか」など、感心したような声もきこえてきました。

 
 かなりの枝が落とされ、樹がすっきりとしました。剪定は新年度への大事な第一歩ですので、熱心に質問している生産者の方もいました。
 seitei13_3.jpg   seitei13_4.jpg
 seitei13_1.jpg

 これから芽吹き、春になるとを咲かせ、秋にはりんごが実ります。今年も良質のりんごがたくさん収穫できるといいですね!

ringoline.gif
 mailmagazine2.gif

 

   「りんご大学だより」は、りんごの魅力や、りんごの生育情報、おいしいりんごレシピなどを週1回お届けするメールマガジンです。
ご登録は無料です。あなたもりんごのあるおいしい生活をはじめてみませんか?

  配信ご希望の方は、こちらへ

 

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg