節分に!豆りんご鶏

節分に!豆りんご鶏
~楽しい食感の三重奏~

youtube_ban_move_recipe.jpg 
新しいウィンドウで開きます 動画はYouTubeのサイトでご覧いただけます。

 

2月3日は節分です。節分はその名の通り『季節を分ける』という意味で、元々は年4回、立春・立夏・立秋・立冬の前日に存在するものでした。その中でも日本では1年の始まりである立春が特に尊重され、現在の年1回のスタイルへと変化していきました。

節分に必ず行われる「豆をまく」という風習には、「魔を滅する(魔滅=まめ)」という意味があります。また、豆を炒って使うのは、拾い忘れた生の豆から芽が出ると縁起が悪いからであり、「炒る」が「(魔を)射る」に通じるからでもあります。そして年の数だけ豆を食べるのは、年齢と同じ数の福を体内に取り込むという、無病息災への思いが込められています。今年の節分は豆を使った料理で、美味しく楽しく健康祈願をしませんか?

 

140131mameringodori.jpg 

材料(4人分) 材料費(1人前)約106円 
 
【具材】 【下味用調味料】 
鶏もも肉150g大さじ1
りんご1個しょう油大さじ1
炒り大豆(福豆)50g少々
長ねぎ1/2本ごま油小さじ1
しょうが20g片栗粉大さじ1
ごま油(炒め用)大さじ1  
  
【合わせ調味料】 
大さじ1
しょう油大さじ1
大さじ1
砂糖小さじ1
片栗粉小さじ1
大さじ2
 
 
下準備
  • 鶏肉は小さい角切りにし、下味調味料とよく混ぜ合わせる。 
  • りんごは皮つきのまま鶏肉と同じくらいの大きさに切る。長ねぎも同じように切る。 
  • しょうがはみじん切りにする。 
  • 合わせ調味料を混ぜ合わせておく。 
作り方
  1. フライパンにごま油をひいてしょうがを入れ、弱火で炒めて香りを出す。 
  2. 香りが出てきたら中火にし、鶏肉・りんご・長ねぎを加えて炒める。鶏肉に火が通ってきたら強火にし、表面をカリッと焼く。 
  3. 肉が焼けたら合わせ調味料と大豆を加え、軽く混ぜ合わせる。 
  4. 皿に盛り付けて完成。

※お好みで赤唐辛子を加えると味にアクセントがつきます。また、炒り大豆の代わりにカシューナッツやピーナッツを使っても美味しくいただけます。

 

 

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg