2015年4月アーカイブ

 

 春キャベツが美味しい季節です。皮つきのりんごと合わせて彩りのきれいなコールスローはいかがですか?細かくつぶしたゆで卵をトッピングすることにより、味にコクが出て見た目も華やかになります。

april_coleslaw.jpg

 キャベツといえばまず頭に思い浮かぶのが「ビタミンU(別名「キャベジン」)」。胃粘膜を強化して傷ついた胃を修復したり、肝臓の解毒作用を助けたりします。それに加え、春キャベツは他の時期のキャベツに比べ「ビタミンC」「カロテン」が多く含まれています。りんごとキャベツは味や歯ごたえの相性がとても良いです、是非お試し下さい!

 

【りんごと春キャベツのコールスロー】

材料(4人分)
りんご 1個
春キャベツ 1/2本
水菜 1/3束
ゆで卵(固ゆでのもの) 1個
マヨネーズ 大さじ4
りんご酢 大さじ2
砂糖 小さじ1
粒マスタード 小さじ1
塩・こしょう 少々

 

作り方
  1. りんごは芯を取り皮付きのまま千切りにする。キャベツは千切りにし、水菜は根元を落として3cmほどの長さに切る。
  2. ゆで卵はフォークで細かくつぶす(包丁でみじん切りにしてもよい)。
  3. ボウルにマヨネーズ・りんご酢・砂糖・粒マスタードを入れてよく混ぜ合わせる。
  4. 切ったりんごと野菜を3と和えて塩・こしょうで味を調える。
  5. ゆで卵を上に散らして出来上がり♪

 

ポイント

 時間をおくと野菜から水分が出て水っぽくなりますので、食べる直前に和えましょう。

 

april_banner.jpg

 

apple_ani.gif りんごはスクールライフの元気の源 apple_ani.gif

 受験勉強を乗り切り進学が決まった学生の皆さんは、どのような学校生活を思い描いているでしょうか?勉強はもちろん部活動やサークル活動、ボランティア活動にアルバイト・・・、それぞれやりたいことは違っていても、共通して欠かせないものは「元気」や「やる気」!一日一個りんごを食べ、医者いらずの健康な体を維持して充実したスクールライフを送りましょう♪

 

apple_ani.gif 仕事の合間にりんごを丸かじり apple_ani.gif

 転勤等による仕事内容の変化など、年度初めは何かと忙しいのが社会人。きちんとご飯を食べていますか?疲れがたまっていませんか?栄養が偏った食事になりがちな方やついつい食事を抜いてしまいがちな方は是非りんごを食べて下さい!特にりんごの皮にはポリフェノールが多く含まれていますので、そのまま丸かじりでどうぞ!

 

 りんご大学ではりんごの効用やレシピなどを紹介しています。新生活が始まったこの時期、改めて食生活も見直して健康維持に努めませんか?りんごは様々な側面から皆さんの生活をサポートする万能選手です!

 

april_2.jpg

(写真は「大紅栄」です)

 

ringolife_banner.jpg

津軽に移り住んで3年目。
じゃいご(=田舎の)女将が、暮らしの中にみるりんごをテーマに、
小さな発見・驚き・感動をつづります。

 


 

Vol.1 読んで、学べる、小世界

 わが家では、1年365日のうち370日は絵本を読んでいる、というほど、毎日の生活に絵本が欠かせません。平日なら2冊。休みの日は少なくとも5~6冊は読んでいます。

 就寝前に親子で楽しむのですが、4歳になった息子は、ふとんの中でうとうと眠りにつくタイプではなく、どちらかというと目をらんらんとさせ「もっと、もっと」と催促してくるほうです。寝かしつけのアイテムにはならないのですが、コミュニケーションツールとして定着しています。

 日課になったきっかけは思い出せませんが、読み聞かせを息子に強制したことはありませんし、絵本をたくさん持っているというわけでもありません。おもちゃと一緒に並んでいるのは、せいぜい10~20冊くらい。物が増えると片づけるのが面倒になってしまうので、保育園から絵本購入の案内が来たら買い足すか、帰省ついでに自分の書棚から少しずつ持ってくるかというところです。

 そんなわけで、普段は弘前市の図書館を利用しています。駅前町に「こども絵本の森」ができてからは駐車場も便利になり、より通いやすくなりました。子どもの興味や成長に合わせて、無料で何度も借りられるので、わが家では大変重宝しています。

 

uehara_1_1.jpg
1~2週間に1度は図書館へ通います。本を通じて家族で会話することは、私にとってもいやし。夫も積極的に読んでくれるので、新作を手にしたときは3人でワクワク!

 

ringo_line.gif

 

 昨秋は「ご試食コラム」のおかげで、自宅にはさまざまなりんごがストックされていたのですが、図書館で選ぶ本も少なからずりんごに影響されたように感じます。

 収穫の最盛期を迎えたころには、マーガレット・レイ&ハンス・アウグスト・レイの『おさるのジョージ りんごりんごりんご』という本がお気に入りでした。主人公のジョージが、お手伝いに行った農園のりんごを、ひとりでジュースにしてしまうというお話です。収穫からびん詰めまでの流れが、シンプルに楽しく描かれています。

 自宅で繰り返し読むうちに、荷台がりんごでいっぱいになった搬送車を目にすると「あのりんご、ジュースになるんだよ!」、「じゃぶじゃぶあらって、こまかくきってから、ぎゅうっとしぼるとできるんだよ!」などと解説するようになりました。

 りんご狩りも食育の一つですが、絵本を通じて「なるほど」「面白い」と感じる経験もまた、食育になりえるのだと実感した出来事です。

 当時「こども絵本の森」では、りんごの絵本コーナーが設けられていましたが、これも津軽ならではの企画ですね。岩木山の裾野がりんごで赤く染まるのも、市場が一晩中明るいのも、この地で生まれ育った人には当たり前のことかもしれませんが、県外から転居してきた私たちにとって、街中がりんごであふれる光景はとても刺激的なものです。

 

ringo_line.gif

 

 大人の学びもまた然り。

 コラム執筆中は、私の頭の中もりんごでいっぱいでしたが、息子の様子を見て一つ思い出した絵本がありました。ヤーノシュの『おばけリンゴ』です。

 びんぼうな男、ワルターのりんごの木には、一度も実がなったことがありません。ひとつでいいから実がなりますようにと祈ると、ある日願いは叶えられました。ところが、その実はどんどん大きくなっていき……。

 主人公と周囲の人々の喜びと悲しみが描かれたお話です。ドイツの児童文学界では有名な作家で、本作は初期のころの独特なタッチと素朴な色彩が人気です。

 名作と呼ばれていますが、子どものころはあまり好きではありませんでした。理由もわからず大きくなるりんご。「おばけ」という名前。闇の中を、大きなりんごを背負って歩き続けるワルターの影。灰色の肌の王様。“リュウ”の周りを取り囲む“ひみつけいさつかん”の表情など、幼い私には不気味に思えたのです。

 

uehara_1_3.jpg
『おばけりんご』の表紙には、頬をバラ色に染め結実をよろこぶワルターが。価格が消費税のない時代の「880円」だったり、日焼けした背表紙に時の流れを感じます。

 

ringo_line.gif

 

 今回「そういえば、うちにもりんごの本があったな」くらいの気持ちで手に取ってみたものの、昔ほどの恐怖心はありませんが、やはりどこか不思議な世界。ただ、改めて目を通してみると、りんごにまつわる疑問がふつふつとわいてくるのです。

 おかげで、ドイツりんごに関する豆知識がちょっぴり増えました。ドイツの国土面積は日本と変わらないのに、りんごの生産量が上回っていることや、皮ごと食べるのが主流のため農薬の基準が厳しいこと、ジュースとしての消費も多いこと、りんごのことわざがあること、などなど。余談ですが、ポーランド出身のヤーノシュが、なぜドイツの作家と呼ばれるのかも少しですが勉強しました。

 ストーリーと関係のないハテナばかり。答えは目からうろこの知識でも、人に話せるほどの話題でもありません。けれども、時には大人も自己満足で「なるほど」と感じてもいいですよね。家事や育児、仕事に忙殺される中で、「ドイツのりんごについて考える時間があった」ということが私にとっての有意義なのです。

 

 こうなると、次は「ドイツに行ってりんごを食べたい」となってしまうかも。いえいえ、まずはドイツパンをりんごジャムでいただいて、行った気分になるところから始めます。

 


 

kaori_uehara.jpg

上原 香織 プロフィール

盛岡市生まれ。土手町「鮨たむら」女将。出版社、広告代理店勤務を経て、フリーライターとして活動。結婚、夫の転勤を機に弘前市に転居する。現在は夫婦ですし店を切り盛りしながら、青森のおいしいものを探索中。趣味は観光と登山。一児の母。

「鮨たむら」の店舗情報はこちら

 

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg