2015年10月アーカイブ

ハロウィンは、毎年10月31日に行われるお祭です。

仮装してパーティーをしたり、ジャック・オー・ランタン(かぼちゃのランタン)を作ったりというイメージが定着してきました。日本でも知名度があがり、あちこちでイベントが開催されています。

151031b.png

ハロウィンの由来は、所説ありますが、古代ケルト人のお祭と考えられています。ケルト人の1年の終わりは10月31日で、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。日本のお盆のようですね。

ところが、聖霊(良霊)に交じり、悪霊も迷い込んでしまうこともあり、「仮装」をして身を守ったと言われています。この習慣が、現在のハロウィンの原点となります。

子どもたちは、魔女やお化けの衣装を身に包み、近所の家を練り歩きます。そして、呼鈴を鳴らしては「Trick or treat!(お菓子をくれないと悪戯しちゃうよ)」と唱え、お菓子をもらうのです。trickは悪戯で、treatはお菓子という意味ですね。

 

世界各地では、仮装のほかにも、りんごをたくさん使ったアップルボビングというゲームや、キャンディアップルという西洋の伝統的スイーツがあります。

※詳しくはこちら → http://www.ringodaigaku.com/blog/2014/10/post-415.html

 

そのほか、りんごの皮を使った恋占いや、りんご彫刻などいくつかご紹介いたします!

 

[りんごの皮の恋占い]

151029a.png

ハロウィンの夜、途中でりんごの皮が切れないようにむいていきます。それを肩ごしに投げます。

そして、床に落ちたりんごの皮の形が未来の恋人のイニシャルです。

 

他にも、真夜中に鏡の前でりんごを食べながら髪をとかすと、未来の夫の姿が映ると言われています。

 

[りんごの料理]

日本では、かぼちゃを使った料理がハロウィンのイメージとしてありますが、海外では、この時期に取れる材料として「りんごの料理」がふるまわれます。りんごを煮たり、パイを作ったりなどの料理が主流です。

new6s.png

まさに、「りんご王国」弘前にぴったりのイベントですね。旬のりんごを使って、ハロウィンにちなんだ料理を作ってみてはいかがでしょうか?

※アップルパイのレシピはこちら → http://www.ringodaigaku.com/eat/recipe_new/006.html

  

[りんご彫刻ランタン]

ハロウィンとえば、カボチャの中身をくりぬいたジャック・オー・ランタンが有名ですが、今回、りんご大学では、りんごを彫刻したものでランタンを作ります。

作り方は、好きな絵柄を彫刻刀で彫っていくのみです。彫ったところにレモン汁をつけると酸化しにくいのでおすすめです。

IMG_8781s.png

IMG_8799s.png

昼は彫刻を部屋に飾り、暗くなったらランタンに変身。

そして最後は、焼きりんごにして食べると、1つのりんごで3度美味しいですよ!

 

今年のハロウィンは青森りんごを使い、いつもとひと味違った「りんごハロウィン」を楽しんでみませんか?

 

アップルロードとりんご畑

大鰐弘前IC近くの国道7号から岩木山の麓まで続く約22kmの道路を「アップルロード」と呼んでいます。

元々は、りんごの出荷の際、交通渋滞に悩まされており、その渋滞を解消するための道路として作られました。以来、りんご産業にも大きく貢献しています。

151024a03.png

そんなアップルロードですが、名前の通り、りんご畑の真ん中を進みます。現在は、りんごの収穫の最盛期で、りんごの木々は、赤や黄色の実でいっぱいです。

IMG_2696s02.png

IMG_5976s.png

よく見ると、りんご畑の中にシルバーシートが見えます。

このシルバーシートは、光を反射させ、りんごの下のほうにも色を付ける為に敷いています。手間暇をかけて育てられているのですね。

IMG_6127s.png

シルバーシートで万遍なく美味しそうに色づいたりんご達。収穫と出荷を待っています。

 

そして、生産者さんの愛情がこめられた美味しいりんごが集まりました。

現在、弘前市内の産地市場は、りんごの木箱でいっぱいです。

IMG_6041.png

たくさんの日光で育った美味しいりんごは、これから皆様のお手元に届きます。

 

最盛期をむかえている「ふじ」「王林」は、シャキシャキした食感とあふれる果汁で、とても美味しいですよ。今年も美味しく仕上がりましたので、ぜひ食べてみてくださいね!

※ふじの詳細はこちら → http://www.ringodaigaku.com/main/hinshu/hu/huji.html

※王林の詳細はこちら → http://www.ringodaigaku.com/main/hinshu/o/ourin.html

 

第60号 新世界・オーストラリアへの旅

 

北欧の秋に、今まで一度も訪れたことの無かったオーストラリアへ旅行に行ったお話です。…記事を読んでみる

新しいウィンドウで開きます 記事はこちらのホームページでご覧頂けます。

anim.gif
過去のバックナンバーはこちらをクリックして下さい。

 

雄大な自然に囲まれ「森と湖の国」と言われる北欧最大の国スウェーデン。
家具やファッションビジネスの分野でも発展を遂げ、「IKEA」や「H&M」に代表されるように、魅力的なデザインを世界へ発信。ここ数年は日本でも北欧ブームが続いています。
そんなスウェーデンについてご紹介する「北欧からのお便り~Life in Sweden~」

本コーナーは、スウェーデン在住でマルカリド市議会議員の工藤信彰さん(青森県弘前市出身)にスウェーデンの魅力、食や習慣、文化などをご紹介していただきます。

 

banner_ora_ja_l.png

音楽ライター・オラシオの「りんごと音楽」 

~りんごにまつわるエトセトラ~

 


 

音楽ライター・オラシオさんが、りんごについて熱くゆるく語るコーナー。

 気になる第二回目の記事は「ミクスチャーでもっと美味しく!」です。

 

ひところ、日本人と外国人の両親の間に生まれた子どもを「ハーフ」と呼ぶのが良いか「ミック ス」と呼ぶのが良いかということが話題になったことがあります。これについての答えは全然出ていなくて、そのお子さんたち本人の間でもどう呼ばれたいのか 意見が分かれています。昔に日本で使われていたはずの「混血」という言葉からハーフに移る時も、けっこうディスカッションの的になったと思います。…もっと読む

 

music_o_2.jpg

 


 

【オラシオ】

ポーランドジャズをこよなく愛する大阪出身の音楽ライター。現在は青森市在住。

 ⇒ twitter

⇒ facebook

⇒ note

 

シニア野菜ソムリエ 柳澤泉さんコーナー【毎日がりんご色】

 izumi_banner.jpg

りんごをこよなく愛するシニア野菜ソムリエの柳澤泉さんが、 

りんごの栄養やりんごを使ったレシピなどを楽しくご紹介してくださる、ほのぼのコーナーです。 


 

第五回目は「AGE(終末糖化産物)を溜めないりんご」。

 

朝晩の冷え込みも厳しくなり、そろそろ冬支度を始めなければならない季節になりました。乾燥しやすいこれからの季節は、お肌にとってもケアが必要な季節・・・ということで、今月は美容の大敵「AGE」を溜めない食生活についてです。…続きを読む

    

 記事全文はこちら

151022a.png

 

柳澤さんの美容コラムこちら

りんごレシピこちら

 

 

 

野菜ソムリエとは…?

 野菜・果物を愛し、その魅力を伝える専門家!野菜や果物の品種や特長、選び方や保存方法、調理法といった内容をより分かりやすく伝える方々のこと。

氾濫する健康情報の中から正しい情報を見極め伝える野菜のスペシャリスト!

 その野菜ソムリエの資格の中でも、

  • ジュニア野菜ソムリエ(初級)
  • 野菜ソムリエ      (中級)
  • シニア野菜ソムリエ   (上級)


上記の階級の中でも、今回コラムを書いて頂いた柳澤さんは上級のシニアソムリエ!!
数々の講演なども行っている柳澤さんのコラム&レシピのコーナー、是非ホームページでご確認下さい。 


柳澤 泉さん プロフィール

yanagisawa_profile.jpg

(東京都出身 日本大学大学院 博士前期課程修了)

自 立した地域社会の構築を目指し、通称「野菜ソムリエ」の最高峰であるシニア野菜ソムリエの資格を取得、食産業のスモールビジネス支援を数多く手掛けていま す。 種苗会社専務取締役、(特)農商工連携サポートセンター理事、企業組合あっぷるびゅあ代表など多方面で活躍されています。

 

 

1  2  3

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg