2016年4月アーカイブ

本日は、弘前公園近くにあるドリンクスタンド「BAR APPLE(バーアップル)」にお邪魔しました。

バーアップルでは、地元農家のりんごジュースがすぐに飲めます。

IMG_0614s02.jpg

マスターの三上光人さんは、弘前公園へ向かう人がたくさんいるのを見て、何か提供できないかと考えていたところ、「そういえば、りんごジュースを手軽に飲めるバー形式のドリンクスタンドをあまり見かけたことがない」ことに注目しバーアップルを開店しました。

IMG_0637s.jpg

 

-----------------------------------

販売しているりんごジュース

-----------------------------------

店頭で販売されているりんごジュースを紹介します。

  1. 【となりの奇跡のリンゴ】 弘前直営農場 ※紅玉+新世界+早生ふじ
  2. 【100%ストレートジュース】 下湯口りんご商会 齋藤悠介 ※ふじ+シナノゴールド
  3. 【完熟シナノスイート&ゴールド】 トノサキ果樹園 外崎祐一 ※シナノスイート、シナノゴールド
  4. 【千秋&オリジナルブレンド】 おりかさ蜜ツ星農園 成田晃 ※千秋、ふじ+ほくと+むつ+金星+王林
  5. 【葉とらずりんごジュース】 相馬りんご園 相馬さやか ※ふじ
  6. 【良ちゃんスペシャル】 長内良蔵 ※ふじ+スターキング+王林+ほくと+紅玉
  7. 【RINGO SUI(りんご水)】 株式会社ダイヤモンドアップル 石岡千景 ※ふじ
  8. 【完熟葉とらずりんごジュース】 有限会社せいの農園 清野耕司 ※ふじ
  9. 【幸畑】 工藤農園 工藤秀平 ※ジョナゴールド+金星+王林+ふじ
  10. 完熟林檎100%果汁 【津軽のかおり】と【津軽千秋】 ※ふじ+王林+ジョナゴールド+むつ+スターキング

店頭では、甘味や酸味を五段階評価したメニューも見せてくれますので、そちらを見てから飲みたいりんごジュースを決めてもよいかもしれませんね。

※それぞれ本数限定で仕入れているため、売り切れの場合はご了承ください。

 

-----------------------------------

となりの奇跡のりんごジュース

-----------------------------------

奇跡のりんご(木村さん)の隣のりんご畑でとれたジュースです。

こちらは知人を介して販売されているとのこと。

飲んでみると、スーッと身体に染み渡るような自然な美味しさを感じました。

IMG_0638s02.jpg

 

また、りんごジュースの他に、エナジードリンクとのブレンドホットカクテルなどオリジナル商品も売っています。

 

-----------------------------------

ホットアップルジュース

-----------------------------------

生姜風味、アップルパイ風味、ノーマルなど選べますが、今回はアップルパイ風味をチョイスしました。

当日はちょっと肌寒く温かいのも嬉しいですが、口にした瞬間本当にアップルパイ味がします!

とはいえ、味にくどさなどは全く無く、自然なアップルパイ味でとても美味しいのです。

個人的にイチオシのジュースです。

IMG_0641s02.jpg

 

全種類のりんごジュースを飲みたいところですが、オリジナル商品も併せますと本当に選べきれないほどメニューがたくさんあり悩みどころです。

すでに売り切れているジュースもありますので、お目当てのりんごジュースがありましたらお早めに!

弘前さくらまつり期間限定の営業ですので、この機会にぜひ飲んでみてくださいね♪

 

■ BAR APPLE(バーアップル)の場所はこちら

 

弘前公園では、現在、花吹雪や花びらがお濠を埋め尽くす花筏(はないかだ)が見られます。また、遅咲きの桜も咲き始め、たくさんの桜をご覧になれますよ。

バーアップルのりんごジュースを片手に、弘前の春を散策してはいかがでしょうか?

 


 

BAR APPLE(バーアップル)

〒036-8356 青森県弘前市下白銀町8
期間限定営業:4月16日~5月5日 (9時~21時)
※弘前ねぷたの時期もオープン予定です
http://iconosquare.com/bar.apple

 

sakura01.png

 

桜が満開の「弘前さくらまつり」へようこそ♪

 

弘前公園の桜が見頃をむかえています。

弘前公園の桜はそのほとんどが樹齢60年以上ですが、
100年を越える長寿の桜もそれぞれ健康で、立派に花を咲かせています。

「りんご」の剪定方法を応用して桜を管理しており、一つの花芽から花がいくつも咲き、迫力のある花つきを楽しむことができます。

 

IMG_0549s.jpgIMG_0557s.jpg

 

IMG_0547s.jpg

 

そんな中、今年もさくらまつり期間中に青森りんごが販売されます。

地元の農家が丹精込めて育てた青森りんごは、みずみずしくて歯ごたえが良く、お土産としても大変喜ばれています。

 


 

ヤマハチアップル

【販売予定の主なりんご】 サンふじ、大紅栄

サンふじb.png 大紅栄c.png


matsuri_13.jpg

 

キタエアップル

【販売予定の主なりんご】 ふじ、シナノゴールド 

ふじb.png シナノゴールド.png

 

 【その他の商品】

ジュースなども売っております。

りんごと合わせておススメ商品です。

IMG_0540s.jpg

 

地図

matsuri_22.jpg ヤマハチアップルりんご販売所 matsuri_24.jpg matsuri_25.jpg キタエアップルりんご販売所

新しいウィンドウで開きます 画像提供元:弘前公園総合情報 http://www.hirosakipark.jp/
弘前さくらまつりイベント情報もこちらでご覧いただけます。

 

matsuri_28.jpg
matsuri_29.jpg   matsuri_30.jpg
matsuri_31.jpg   matsuri_32.jpg

 

弘前と言えば「美味しいりんご」、この機会に是非ご賞味下さい!

 

雪室(ゆきむろ)りんご

雪室(ゆきむろ)りんごをご存知ですか。

雪国では古くから雪の中に野菜を埋めて貯蔵していました。

この雪の冷蔵庫の中で、りんごを保存・熟成させたものが「雪室りんご」です。

雪室の中はほとんど温度変化が無く、さらに適度な湿度のおかげでりんごの水分の蒸発を防ぎます。

 

そんな雪室りんごが、4月2日(土曜日)、アップルヒルのエントランスに設けられたイベント広場で販売されました。


販売直後は長蛇の列でしたが、テンポよく販売されており、割と早めに購入することができます。

IMG_0315s.pngIMG_0317s.png

 

------------------------------
4個入り
------------------------------
見た目からも新鮮な感じが伝わり、次々とりんごの入った箱が空になっていきます。

IMG_0340.pngIMG_0337.png

 

------------------------------
5キロの箱(20玉入り)
------------------------------
ご家族で食べるならこちらの大きいサイズがよいでしょう。他に3キロの箱の販売もありました。

IMG_0347s.png

 

------------------------------
道の駅なみおか アップルヒル
------------------------------
こちらの「道の駅なみおか アップルヒル」は雪室りんごの「元祖」です。

雪室りんごを始めた当初は、カビやにおい、ネズミの対策に施行錯誤しましたが、徐々に改善していかれたそうです。

この雪室りんごの特徴として、とてもみずみずしいことがあげられますが、その反面、水分が多すぎて柔らかくなりやすく日持ちしません。

しかし、雪の中から掘り出してから約1週間は大変味が良く、すぐ召し上がることができる方であればおススメです。

 
それでは早速雪室りんごをいただきます。

りんごはお尻まで真っ赤に色づいており、りんごの袋を開けると良い香りがしました。

IMG_0362s.png

今回カットしたりんごには蜜がたっぷり入っています。

IMG_0368s.png
IMG_0370s.png


十分な歯ごたえと果汁でとても美味しいです。収穫を1週間遅らせて熟度(甘さ)をあげたサンふじを使用しています。

雪室りんごはとても美味しく一度は食べたいりんごです。ですが、日持ちが難しく少量しか販売されません。

 

一方、この時期、店頭にはCA冷蔵(普通冷蔵)で保存されたりんごが並び、皆さんが普段食べているのは、こちらの方法で保存されたりんごです。

CA冷蔵について詳しくはこちら ⇒ http://www.ringodaigaku.com/blog/2016/04/post-493.html

このCA冷蔵(普通冷蔵)は保存技術がとても優れているため、長期間大量のりんごを保存することが可能なのです。

鮮度の保たれたりんごを一年中食べることができるのは嬉しいですね。

 

このように、雪室りんごにもCA冷蔵(普通冷蔵)にもそれぞれ良いところがあり、皆さんに喜ばれていることでしょう♪

  


 

●道の駅なみおか アップルヒル
http://www.applehill.co.jp/

※こちらの雪室りんごは商品がなくなり次第終了となります。

第65号 アイスランドの雄大な自然

 

3月の下旬、イースター(復活祭)の休暇を利用し家族でアイスランドへ行って来たので今回はその旅行記を書いてみます。…記事を読んでみる

新しいウィンドウで開きます 記事はこちらのホームページでご覧頂けます。

anim.gif
過去のバックナンバーはこちらをクリックして下さい。

 

雄大な自然に囲まれ「森と湖の国」と言われる北欧最大の国スウェーデン。
家具やファッションビジネスの分野でも発展を遂げ、「IKEA」や「H&M」に代表されるように、魅力的なデザインを世界へ発信。ここ数年は日本でも北欧ブームが続いています。
そんなスウェーデンについてご紹介する「北欧からのお便り~Life in Sweden~」

本コーナーは、スウェーデン在住でマルカリド市議会議員の工藤信彰さん(青森県弘前市出身)にスウェーデンの魅力、食や習慣、文化などをご紹介していただきます。

 

banner_ora_ja_l.png

音楽ライター・オラシオの「りんごと音楽」 

~りんごにまつわるエトセトラ~

 


 

音楽ライター・オラシオさんが、りんごについて熱くゆるく語るコーナー。

気になる第七回目の記事は「ご当地風に楽しみましょう」です。

 

先日仕事で上京した際、JR中央線沿線に宿泊したのでせっかくだからということで、フリーの日に電車を乗り継いで河口湖に足を延ばしてみました。大月駅から目的地の河口湖駅に向かうべく富士急行に乗り換えたら、外国人旅行者がとてもたくさん乗っていて、ふと斜め前の座席を見ると、中南米辺りから来たらしきカップルの男性の方が赤いリンゴを手に持ってガブガブかじって食べていたんですね。外国のドラマなんかでもよく見かける光景なのですが、欧米の人ってまるでスナック菓子みたいな感覚で家でも外でも手でつかんだまま皮ごと食べちゃうんですよ。そう言えば、どこかヨーロッパ辺りの架空の国を舞台にした宮崎駿の傑作アニメ映画『天空の城ラピュタ』でも、洞窟に逃げ込んだ主人公の少年少女ふたりが、カバンからリンゴを取り出して食べるシーンがありました。…もっと読む

 

ora07.png

 


 

【オラシオ】

ポーランドジャズをこよなく愛する大阪出身の音楽ライター。現在は青森市在住。

 ⇒ twitter

⇒ facebook

⇒ note

月別 アーカイブ