新コラム!りんごを訪ねてニューヨークへ【アメリカ留学記】

新しいコラムが始まりました。

コラム「りんごを訪ねてニューヨークへ」、アメリカへ留学中の有馬さんに、現地でのりんごについてレポートしていただくコーナーです。


 

第1回 青森とニューヨーク

  はじめまして。この度トビタテ!留学JAPANに採択され、ニューヨークにりんごの調査のため留学しております有馬一輝と申します。私は2016年3月から翌年1月までニューヨーク州に留学し、語学学校に通いながら、現地の農園さんやりんご加工会社、ファーマーズマーケットを訪問し、大きくアメリカりんごの生産・流通・消費の3つについて学んでおります。また、日本のりんご産業にも取り入れることができる、アメリカりんご産業の良い点を探しております。これらを通して、アメリカへのりんご再輸出の可能性や、国内のりんご消費量拡大、生産者高齢化の問題解決策等について模索しております。

本コラムでは、私の留学序盤から順番に少しずつ、りんごについてお話させていただきながら、現在私の身の回りで起きていることについても触れていきたいと思います。またこのようなコラム等を執筆するのは初めてでありますので、温かい目で見ていただければ幸いです。

 

ringo_line.gif



まず、ニューヨーク州について少しお話ししたいと思います。

アメリカは、中国に次いで第2のりんごの生産量を誇る国です。そして私が主に活動しているここニューヨーク州は、アメリカの中でもワシントン州に次いで2番目に大きい産地となっております。ニューヨークという言葉を聞いて、
・Times Square(タイムズスクエア)
・Empire State Building(エンパイアステートビル)
などの摩天楼などを想像する方も多いと思いますが、実はニューヨーク市はニューヨーク州の右下のほんの少しで、もっと北上すると広大な自然が広がっております。(下の地図を参照ください)
北はカナダと接し、Rochester(ロチェスター)やBuffalo(バッファロー)などの町の近くは、五大湖の一つであるLake Ontario(オンタリオ湖)と接し、BuffaloからはNiagara Falls (ナイアガラの滝)に車で30分ほどで訪れることが可能です。

ニューヨーク市に関してもう少しだけ触れたいと思います。

america_1_1.png

Googleさんの力をお借りして、青森とニューヨーク市のことを少し比較してみました。ニューヨーク市の面積は304.6mi2(789km2)で、その中には約850万人の人々が暮らしております。一方青森市の面積は318.4mi2(824.6km2)で人口は約29万人となっております。ちなみに青森県の全人口は約130万人となっております。(なお本データは参考程度にご覧下さい)
青森市より少し小さなところに青森市の約29倍の人々が生活しております。ちょっとゾッとしますね。
また緯度に関して、ニューヨーク市はN40° 43’に位置し、私が普段暮らしている青森市の浪岡地区のN40°42′とほぼ同じですね。また弘前もN40°36’とすごく近く、りんごの産地はニューヨーク市から少し北上したところに多いので、ニューヨーク州でりんごがたくさんとれる所以がわかりますね。
ちなみにニューヨーク市は別名「ビッグ・アップル・シティー」とも呼ばれています。

 

ringo_line.gif


ニューヨーク市は、元から住んでいる、いわゆるニューヨーカーと他の州からの人々、様々な国からの移民等で成り立っています。街中では英語だけではなくありとあらゆる言語が飛び交っております。またエリアごとに様々な国の文化が色濃く出ているところが数多くあり、とても興味深いものであります。

まずアメリカに来て一番驚いたことは、たくさんの人々が街中、地下鉄の中、学校、オフィス等でりんごを丸かじりしていることです。私もりんごは大好きで家ではよく丸かじりしていましたが、大学に持って行ってパクリといったことは一度もしたことがありません。アメリカ西部はわからないのですが、私が訪れたアメリカの東海岸の街ではどこでもそうでした。特に10代から20代の若者たちに多く見受けられる気がしました。

次にニューヨークのりんごの市場を少し覗いてみましょう。 

america_1_2.jpg   america_1_3.jpg
近所のスーパー Key Foodsにて   Trader Joe'sにて

 

america_1_4.jpg

Union Square Park 内のGreenmarket にて

 ニューヨークではほぼ全てと言ってもいいくらい、どこのスーパーでもふじりんごを見つけることができます。

 また陸奥もCrispinという名前で売られていたり、そのままMutsuで売られています。アメリカではほとんど袋掛けという作業をしないので、陸奥は青りんごとして人気の品種であります。

※ふじりんご、陸奥ともにアメリカ産です。

基本的に価格は1LBあたり何ドルといった表示がされています。このLBですが、パウンドまたはポンドを表しており、1ポンドは約0.45kgです。店によって前後しますが、大体1ポンドあたり1.99ドルが平均となっているようです。Trader Joe’sというオーガニック商品にも力を入れているスーパーでは、オーガニックとそうではないものに分かれており、一個あたりいくらというように売られております。
スーパーに並べられているりんごのほとんどは、ワックス加工が施されており異様にピカピカです。また見た目ははっきり言うと青や2番手、シブ・ヤケといった部類に属しそうなものがほとんどですが、それは一旦置いておき、改めて後日書くものとします。

 

ringo_line.gif


次に、余談ですがニューヨークの桜を紹介したいと思います。ニューヨーク市内でも4月頃になると公園等で桜を目にすることができます。こちらはセントラルパークでの桜の様子です。4月の上旬であったため少し寂しい様子です。


america_1_5.jpg
 
america_1_6.jpg

桜を見て春の訪れを実感する人も多いと思います。私はいつも弘前公園で桜を拝ませていただいているのですが、今回はこういった形になりました。悪くはありませんが、やはり弘前公園のお城と桜を見ながら味噌おでんを食べたいものです。
お花見といったらお酒を飲みたくなるものですが、アメリカでは屋外での飲酒がものすごく厳しく、ニューヨークでも決められた場所以外での飲酒は罰せられます。この法律を掻いくぐる方法で最も古典的なものが、紙袋や黒い袋でビンや缶を隠すという行為です。公園や駅や道端などでよく目にする光景ですが、アメリカ等に観光を考えている方は、くれぐれも野外での飲酒にはお気をつけください。

 

 最後に、ニューヨークを身近に感じてもらえるようにニューヨークを題材にした映画を1本紹介してお別れとしたいと思います。今回紹介するのは「You’ve Got Mail」です。ご存じの方も多いと思いますが、ニューヨークが舞台で、若かりし頃のメグ・ライアンとトムハンクスによるインターネット、メールを通してのラブコメディーです。ラストシーンがなんとも言えない美しさを感じさせてくれます。ぜひご覧ください。

 

 

ringo_line.gif


<筆者プロフィール>
有馬一輝 (Arima Kazuki)
弘前大学 人文学部 4年 トビタテ留学Japan! 3期生 弘前南高校出身
高校まで野球部に所属
趣味 スノーボード スケートボード 料理 音楽・映画観賞

月別 アーカイブ