平成29年りんご参観デー

sankanday2012.jpg

9月7・8日の二日間、青森県黒石市にある青森県産業技術センターりんご研究所にてりんご参観デーが開催されました。

 

このりんご参観デーは毎年開催しており、講演会や研究成果の資料展示、普段は見られない試験場の公開だけでなく、農業資材や機械などの展示販売や、栽培の疑問などを各分野のプロに質問できる相談コーナーなども設けられております。今年も大変賑わいを見せており、生産者やりんご関係者だけでなく、一般の方など多くの方々が訪れていました。

 

りんごの試食販売コーナーでは、早生種で今収穫できる「きおう」「未希ライフ」「つがる」と、新たな品種で現在品種登録申請中の『紅はつみ』が提供されておりました。この『紅はつみ』は、「つがる」と「さんさ」から生まれた品種で、9月上旬に収穫できる早生種です。試食をしてみると、爽やかな甘みで食べやすい印象を受けました。

この『紅はつみ』が、皆さんのお目にかかれる日も近いかもしれませんね。

170907_5 170907_8.jpg

初日の7日は「ミスりんご」による試食の振る舞いで『紅はつみ』を広めていました。訪れた方々は試食品種を食べ比べしながら意見交換をしたり、質問をしたりと大盛況でした。

 

また、場内には、品種登録申請中『紅はつみ』の特性や、りんご妨害虫防除暦誕生100年の歴史など、パネル展示が各所にあり、来場者の方々が熱心に読み込んでいました。

 

170907_5 170907_8.jpg

 

さらに、試験場の公開もされており、様々な研究がされている様子を見ることができます。

他にも農業資材や機械の展示販売ブースも賑わいを見せており、生産者やりんご関係者、さらには農業学校の学生の方々が足を止めて熱心に見入っているようでした。りんごに携わる多くの人が関心を寄せるイベントであることが伺えました。

 

「りんご研究所」は国内唯一のりんご専門試験研究機関です。りんご研究所が研究成果や害虫について公表することで、生産者の方々がより安全・安心なりんごを作ることに努めることができるのです。

現在、青森県では早生種「つがる」「きおう」が最盛期を迎え、収穫の真っただ中です。消費者の皆さんに届くのもそろそろではないでしょうか。

研究機関や生産者の方々の想いがたくさん詰まった青森りんご、今年もぜひたくさん食べていただければうれしいです♪  

 

地方独立行政法人 青森県産業技術センター りんご研究所
〒036-0332 青森県黒石市牡丹平字福民24
Tel:0172-52-2331
ホームページはこちら
 

 

ringo_line.gif

 

ringodaigaku_link04.gif

 

りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg