GHQから感謝の手紙

戦後間もない1948年、連合国軍最高司令部(GHQ)から一通の手紙が送られてきました。

この手紙を保管していたのは青森県弘前市のりんご農家、西澤幸清さんで、この度西澤さんが手紙を持って「りんご大学」を訪れてくださいました。

IMG_7628(GHQ).jpgIMG_7628(GHQ-2).jpg

手紙の内容は西澤さんのお父様(故 幸之進さん)が作ったりんごを最高司令官マッカーサーに贈ったこと(送り主は知人の西村さん)に対する礼状で、副官のシドニー・ハフ大佐名で送られています。

「マッカーサー将軍が次のようにあなたに伝えて欲しいと私に言われました。
彼はあなたが御親切に送ってくださった一かごのりんごを受け取り、
この心のこもった行為に対して深く感謝しています。
マッカーサー将軍はあなたに心からの敬意と好意を送ります。」
と英語で記されていました。

 

西澤さんは20年以上前にお父様からこの手紙を受け取りましたが、特に気にも留めずただ保管していたそうです。その後りんごの輸出関係で何度か海外を訪れ、そこで人とのつながりを感じるようになり、今になって改めて読み返すと、「日本の一庶民に対してまでわざわざ礼状を送るマッカーサーの心遣いが伝わってきた」と感じ、今回公開に至ったそうです。

 

最高司令官であるマッカーサーから礼状が届いたことは非常に感銘を受けますが、それは西澤さんのお父様の作られたりんごが美味しかったからに他ならないのではないでしょうか。青森りんごの歴史は明治初期にまでさかのぼり、さまざまな困難を乗り越えて今日の青森りんごがありますが、物資の少ない戦後間もない時代でも手間ひまをかけた美味しいりんごを作っていた、先人たちの努力の賜物だと感じました。

美味しい感動を与えられる青森りんごが国境を越えて世界中の人たちに愛され、国際交流の一端を担ってくれることを期待したいです。

 

 

ringo_line.gif

 

ringodaigaku_link04.gif

 

りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg