りんごのスイーツ特集の最近のブログ記事

sweets_banner_ic.jpg

さて今回は、青森県弘前市の弘前公園東門前にあります「可否屋葡瑠満(ぶるまん)」にお邪魔いたしました。弘前公園のそばのシックな白い建物のお店です。

buru02c.jpg buru02f.jpg

店内に入りご主人と挨拶をかわすと席に案内していただきました。席に着きお店のおすすめなどを聞きながらメニューを拝見します。そしてさっそく『あっぷるぱい』と、定番だという『ちいずけえき』を注文いたしました。

 

----------------------------------------

 『あっぷるぱい

----------------------------------------

 『あっぷるぱい』 ・・・ 400円(税込)

手でいただくタイプの『あっぷるぱい』で、パイ生地はニュージーランドで作られているものを使用しており、サクサクとした食感と豊かなバターの風味を感じることができます。軽食としてもおすすめです。

シナモンは後から振りかける仕様なので自分の好みに合わせられますよ。シナモンが苦手な方はかけなくとも大丈夫ですし、お好きな方は多めにかけてもよいでしょう(写真はシナモン無しにて撮影)。

buru01b.jpg

弘前では毎年さくらまつりが開催されます。そのさくらまつり期間には1日150個ほどの『あっぷるぱい』を用意したものの完売してしまい、それでもまだ注文が続いたという人気の一品です。

『あっぷるぱい』のりんごは奥さまの実家の板柳町産ふじを使用していますが、来週からはりんごの在庫が無くなるためりんご公園のものに切り替わるとのことでした。

 

----------------------------------------

 『ちいずけえき(みでぃあむ)

----------------------------------------

 『ちいずけえき(みでぃあむ)』 ・・・ 350円(税込)

葡瑠満(ぶるまん)の自家製けえきの中でも定番の『ちいずけえき』はバター風味でとってもクリーミー。この『ちいずけえき』には「れあ」「みでぃあむ」「べいくど」などの他に、旬の果物や野菜を使った季節のけえきがあります。現在はバレンシアオレンジを使ったお味のちいずけえきもおすすめです。

buru03.jpg

この『ちいずけえき』には『ふれんち可否(コーヒー)』の組み合わせがおすすめとのこと。『ふれんち』は濃いめの味なのに嫌な苦みが一切なく、『ちいずけえき』を一口食べ『可否(コーヒー)』を飲むとまろやかになるので、砂糖もミルクも不要です。けえきの上にのっている杏もワインで煮込んでいて甘酸っぱいお味がとっても美味しいですよ。

 

----------------------------------------

 『特製あっぷるじゅうす

----------------------------------------

 『特製あっぷるじゅうす(ほっと・あいす)』 ・・・ 700円(税込)※写真はあいすです。

こちらの『あっぷるじゅうす』も板柳町産です。ふじとジョナゴールドをブレンドした完熟果汁で、加工用のりんごを使ったものをホットにすると渋くなるため自家用のりんごを使っています。

buru04.jpg

りんごジュースの香りがとてもフレッシュで飲み心地もすっきりとしております。

 

----------------------------------------

 店内のようす

----------------------------------------

カウンター後ろにはカップ&ソーサーがずらりと並び、こだわりの『可否(コーヒー)』や『紅茶』をこちらのカップにいれて提供してくださいます。ご主人の宮本さんは気さくなジェントルマンで食事をしながらゆったりと会話を楽しんでもよいでしょう。

店内はカウンター席とテーブル席があり、宮本さん撮影の写真を眺めることもできます。すいこまれそうな青池の写真がなんとも美しく素敵でした。写真は季節により入れ替わるとのことで訪れる楽しみの一つにもなりそうです。

buru05.jpg

今回もりんご大学のアピール広告をレジ横に置かせていただきました。料理研究家コウケンテツさんのりんごを使ったレシピや津軽でりんごにたずさわる人々を取材した「我ら林檎人」もあわせてよろしくお願いいたします。

 

【アクセス】 可否屋葡瑠満(ぶるまん)への道のりについては下記地図をご参照ください。車は隣の弘前文化センターにて最初の1時間無料でとめられます。

   電話:0172-35-9928

 

◯       ◯       ◯

 

ringodaigaku_link04.gif

 りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ

 

sweets_banner_id.jpg

今回はスイーツではなく主食ともなるりんごメニューで、番外編第2弾です。

青森県弘前市の国立大学法人 弘前大学で育成した新品種、果肉まで赤いりんご「紅の夢」で作ったドレッシングを使用した「紅の夢サンド」をお目当てに、大学構内にある「弘大カフェ」にお邪魔いたしました。

DSCN4100-1.jpg

----------------------------------------

 紅の夢サンド

----------------------------------------

期間限定、1日10食 … 648円(税込)

具だくさんでボリュームたっぷりのサンドウィッチ“わんぱくサンド”という作り方で、レタス・チーズ・鶏肉・トマトをサンドしています。

果肉まで赤いりんご「紅の夢」をたっぷりと使って作ったドレッシング「紅のソース」を鶏肉に絡ませており、さっぱりとした味わいでとてもヘルシーなサンドウィッチです。

IMG_2797-1.jpg

さらに別添されている「紅のソース」をたっぷりかけて頂きました。大きな口を開けないと食べられないほどのボリュームで食べ応えがあり、トーストされた食パンのカリッとした食感も楽しむことができました。

IMG_2807c.jpg

 「紅のソース」は「紅の夢」と玉ねぎをベースにしており、果肉まで赤いりんごのためキレイなピンク色で食欲をそそります。口に入れるとりんごの味がほのかにしました。りんごの酸味を生かしており、どんなサラダにも合い美味しく食べられそうです。

1日10食限定ですが、大好評でいつも完売しているとのこと。また、4月中旬頃で販売終了となりそうなので、お早めに行かれた方がいいかもしれません。

 

----------------------------------------

 店内の様子

----------------------------------------

こちらのカフェは大学構内にある、旧制官立弘前高等学校外国人教師館を活用し、昨年6月にオープンしました。外観も内装も西洋風の造りとなっていて、とってもおしゃれです♪

IMG_2790-1.jpg

大学構内にありますが一般の方のご利用もでき、半数くらいは一般の方の利用客だそうです。落ち着いた雰囲気でゆっくりとしたひと時を楽しむことができる、癒しの空間となっているのではないでしょうか。

 

DSCN4093-1.jpg 今回もりんご大学広告(写真サイズ)を置かせていただきました。
 
新品種のりんごもどんどん広まっていってくれるといいですね♪

 

【アクセス】 弘大カフェへの道のりについては下記地図をご参照ください。

   電話:

 

◯       ◯       ◯

 

ringodaigaku_link04.gif

 りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ

 

sweets_banner_ic.jpg

 

さて今回は、青森県弘前市の弘前公園より徒歩5分にあります「ル・キャッスル・ファクトリー」にお邪魔いたしました。さっそく一番人気というアップルパイを注文しました。

castle02.jpg

----------------------------------------

 アップルパイ

----------------------------------------

 アップルパイ ・・・ 280円(税別)

パイはサクサクとしており、フォークが入りにくい部分もありますが、このサクサク感がクセになる食感です。フォークを使わず手で掴んで食べても良いそうです。バターの香りも食欲をそそります。

中のりんごは年間を通して青森県産のふじをたっぷり使用されているとのこと。ふじは紅玉より甘めのりんごで、このりんごをさらに甘めにしているとのことですが、くどさは全く無く甘いものが苦手な方でも、こちらのアップルパイなら美味しくいただけますよ。食感はシャキシャキ感があります。

IMG_2071s.jpg

また、ほんわかとシナモンの風味を感じます。アップルパイにはやっぱりシナモンが合うのだと再認識してしまうくらい、パイとりんごとシナモンの絶秒なバランスを味わえます。最後まで飽きずに召し上がることができ至福のひとときです。

 

----------------------------------------

 ナポレオンパイ

----------------------------------------

 ナポレオンパイ ・・・ 400円(税別)

こちらのパイもやはりサクサクです。ミルフィーユのようなパイの層とフレッシュないちごに感激します。

なんといってもクリームがとても美味しい!こちらもアップルパイ同様、甘さ控えめでパクパクと何個でもいける気持ちになります。

IMG_2069s.jpg

----------------------------------------

 店内の様子

----------------------------------------

アップルパイやショコラフィーヌ(チョコケーキ)、ガトーフロマージュ(クリームチーズケーキ)など人気のケーキが所狭しと並んでおり、購入したケーキは隣の居心地のよいレストラン「ブラッスリー・ル・キャッスル」で頂くこともできます。

今回もレストランのレジ横にりんご大学広告(写真サイズ)を置かせていただきました(写真右下)。

castle01.jpg

りんごは生で食べてももちろん美味しいですが、甘いお菓子で頂くのも幸せですね♪

今回は万人受け間違いなしのル・キャッスル・ファクトリーのアップルパイをご紹介いたしました。

 

【アクセス】 ル・キャッスル・ファクトリーへの道のりについては下記地図をご参照ください。

   電話:0172-36-1211

 

◯       ◯       ◯

 

ringodaigaku_link04.gif

 りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ

 

sweets_banner_ib.jpg

さて今回は、番外編としてスイーツではなく主食となるりんごメニューです。青森県弘前市のりんご公園より徒歩10分にあります「彦庵(HIKOAN)」にお邪魔いたしました。全国的にも珍しいりんごのおそばに期待が膨らみます。

DSCN2434s.jpg

----------------------------------------

 天然素材100%の
   りんごそば

----------------------------------------

こちらの「りんごそば」は、青森県産りんごがふんだんに練りこまれています。

さらに、化学調味料や添加物は一切不使用で、厳選された原料のみで作られているので安心して食べることができます。

 

<ポイント>

  • 更科そば粉100%使用
  • りんご果汁100%使用
  • 紅玉りんごのフリーズドライ100%使用
DSCN2382s.jpg

りんごそばには「りんご塩」も添えられており、紅玉りんごのフリーズドライとピンクロックソルト(岩塩)がブレンドされたりんご塩はまろやかで、ふりかけるとそばの甘さやりんごの風味がより一層引き立ちます。

りんご塩は店頭で購入することもできますよ♪ アイスなどに振りかけても美味しいようです。

DSCN2389s.jpg

さて、りんごそばにはおススメの食べ方があります。

一口目はりんごそばに何もつけずにそのまま食べ、二口目はりんご塩を振りかけて食べ、三口目以降はつゆにつけたり、つゆと塩を合わせて食べたりと色々な味わいを楽しめるのです。

りんごの香りや風味がとても芳醇で、一口目に何もつけずにそのまま食べることをお勧めしている理由が実感できます。

りんご塩との組み合わせもとっても美味しいので、お塩とそばの組み合わせだけで食べてしまう人もいることでしょう。

DSCN2400s.jpg

りんごそばは作るのが難しく前日までの予約制となっておりますが、他にも天おろしそばや鴨汁そばなどもあり、予約無しで食べることができます。

----------------------------------------

 鴨汁そば

----------------------------------------

鴨汁そばは開店以来の人気商品です。

こちらの鴨汁そば、絶品なのですが鴨汁用のライスを頼むと鴨雑炊も楽しめます。鴨雑炊は残った汁にライスを加え、そば湯で味の濃さを調整します。このそば湯が生めんならではという感じでとても濃厚。至福の一杯でした。

IMG_4380s.jpg

----------------------------------------

 そば粉を振るう様子

----------------------------------------

店主の石戸谷さんは、そば粉を振るう様子を実演してくださいました。日々、石臼粗挽手打ちそばを仕上げている真摯な姿が伝わってきますね。

DSCN2398s.jpg

 

りんごが旬の時期になってきました。

りんごスイーツやりんごそばなど、色々なりんごメニューもいっそう盛り上がってくることでしょう♪

 

【アクセス】 彦庵(HIKOAN)への道のりについては下記地図をご参照ください。

   電話:0172-32-8837   URL:http://hikoan.ftw.jp/index.html

 

◯       ◯       ◯

 

ringodaigaku_link04.gif

 りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ

 

sweets_banner_i02.png

 

さて今回は、青森県弘前市の弘前駅より徒歩15分にあります「アンジェリック」にお邪魔いたしました。宝石のようなお洒落なケーキが所狭しと並んでいます。

DSCN2024s.jpg anje01.jpg
  1. アップルパイ ・・・ 280円(税別)
  2. りんごカスターパイ ・・・ 280円(税別)
  3. パリパリシュー ・・・ 135円(税別)
  4. シュークロッカン ・・・ 150円(税別)

 

----------------------------------------

 アップルパイ

----------------------------------------

サクサクのパイ生地に、シャキシャキと絶秒な歯ごたえを残しつつ、しっとり感もあるりんごが美味しいです。上にのっているあんずジャムもりんごの甘味・酸味と調和しています。

今回はふじを使用していますが時期によっては紅玉なども使用とのこと。お値段がリーズナブルなのも嬉しいですね。

DSCN2003s.jpg

----------------------------------------

 りんごカスターパイ

----------------------------------------

一口食べた瞬間からりんごの香りが口一杯に広がります。中のクリームにはりんごジャムが入っていたり、生地の中にもりんごが沢山入っていたりととてもりんご感があります。クリームは甘味が丁度よくお子さんにも喜ばれる甘さではないでしょうか。

アップルパイとりんごカスターパイはどちらもオススメ。交互に味わってもどちらも美味しい逸品なのが分かります。

anje02.jpg

----------------------------------------

 パリパリシュー、
シュークロッカン

----------------------------------------

シュークリームは2種類あり好みが分かれるかもしれませんが、パリパリシュー(下写真1)はクリームがとてもなめらかでさっぱりと上品なお味です。シュークロッカン(下写真2)はザクザク固めの生地にこってり濃厚クリームです。

anje03.jpg

今回は2階のカフェでいただきましたが、紅茶も本格的で香りがよくティーポットで出してもらえるのでたっぷり飲めますよ。

DSCN2008s.jpg

----------------------------------------

 店内の様子

----------------------------------------

店員さんはびしっとスーツを着用し対応も洗練されておりました。店長の渡辺さん(下写真1の最左)にはとてもよく対応していただきまして誠にありがとうございます。

アップルパイやシュークリームの他にも美しいケーキが整然と並んでおり(下写真2)、徐々に食べつくしていきたい気持ちになりました。1階のケーキ売り場はお洒落ながらも入りやすい雰囲気ですが二階(下写真3)はかなりムーディーです。

anje04.png

 

お土産に最適なお菓子もあります。「ほとんどりんご」や「弘前のまっかな天使」「ふらり弘前」などバラ売りもありますので味見をしてからまとめて買うのもよいでしょう。

anje05.jpg
  1. ほとんどりんご … 130円(税別)。中身がネーミング通りほとんどりんごです。
  2. 弘前のまっかな天使 … 150円(税別)。中にシロップ漬けのりんごが入っています。
  3. ふらり弘前 … 140円(税別)。味が2種類あります。「塩ブッセ」と「りんごのチーズブッセ」。

 

りんごは生で食べてももちろん美味しいですが、甘いお菓子で頂くのも幸せですね♪

 

【アクセス】 アンジェリック(弘前店)への道のりについては下記地図をご参照ください。

   電話:0172-35-9894

 

◯       ◯       ◯

 

ringodaigaku_link04.gif

 りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ

 

1  2  3  4  5  6  7  8

月別 アーカイブ