りんごを使ったクロカンブッシュでクリスマスツリーはいかが?

投稿者: | 2017年12月16日

来週はいよいよクリスマスですね。

今回ご紹介するりんごのレシピは、見た目も可愛く、食べておいしい、『クロカンブッシュ』です。

小さなシュークリームを作ってツリーのように積み重ねていくので、お子さんと一緒に飾り付けても楽しいですよ♪

 

【材料】クロカンブッシュ 1つ分

<プチシュー 直径5㎝36個分>
薄力粉(ふるっておく) 75g
バター 60g
105cc
3個
<りんごペースト>
りんご 2個
砂糖 大さじ3
適量
洋酒 お好みで
<カスタードクリーム>
バニラビーンズ 1/4本
牛乳 300cc
グラニュー糖 45g
薄力粉(ふるっておく)  15g
卵黄 2個
<飾りつけ用>
厚紙・アルミホイル 適宜
アルプス乙女 お好みで
粉糖 お好みで

●作り方●

《プチシューを作る》
1. 薄力粉はふるっておく。
鍋にバターと水を入れてしっかりと沸騰するまで強火にかけ、白っぽい泡が出てきたら火を止め薄力粉を一度に入れ、木べらで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
2. 弱火にかけて一分ほど練りながら加熱し、鍋底から離れるようになったら火を止める。
3. 溶き卵を数回に分けて入れ、その都度よく練る。すくいあげた生地がゆっくり落ちる程度の硬さになるまで卵を加える。
4. 生地を絞り袋に入れ、クッキングシートを敷いた天板の上に絞り出す。200℃に予熱したオーブンで15分焼き、少し焼き色がついたら徐々に温度を下げて、30分ほどで完全に焼き上げる。絶対に途中でオーブンを開けないこと。
5. 焼きあがったら取り出し、りんごペーストとカスタードクリームを入れる。

 

《りんごペーストを作る》
1. りんごを5㎜角の角切りにし、砂糖を加え、りんごが軽く浸るくらいの水を入れ、水分が飛ぶまで煮詰める。
2. りんごが煮詰まったら洋酒を加え、アルコールが飛ぶまで軽く煮る。
《カスタードクリームを作る》
1.鍋に牛乳を入れ、縦二つに切ったバニラビーンズの中の種をスプーンやナイフの背などで取り、加える。種を取ったさやも牛乳へ加え、温めて十分に香りをつける。
2. ボウルに卵をほぐし、温めた牛乳を少し加えてよく混ぜる。そこへ砂糖、ふるいにかけた薄力粉を入れてさらに混ぜる。残りの牛乳を少しずつ加えてよく混ぜる。
3. 2を厚手の鍋に移し中火にかける。手早く混ぜながらクリーム状になるまで加熱して粗熱を取る。
※冷めると少し硬くなるので気を付ける。
《飾り付け》
1.厚紙を丸め、円錐形にして芯を作る。高さ・大きさが決まったらアルミホイルを巻く。
2.皿に芯を置き、りんごペーストとカスタードクリームを詰めたプチシューをホイップクリームで貼っていく。シューの大きさを見ながら組み合わせて、隙間にはホイップクリームを絞り、アルプス乙女も飾る。
一番上に底穴をあけたアルプス乙女を乗せ、上から粉糖をかけて完成。

 

小さなりんご『アルプス乙女』がアクセントの、シューツリーが出来上がりました♪

アルプス乙女が手に入らない場合は、飾り切りのりんごをツリーに組み込んでもいいですね。

古くはクリスマスツリーにりんごを飾ったともいわれており、現在のツリーの原型にもなっているそうです。

りんごとカスタードの味わいを楽しみながら、目にも楽しいシューツリーでクリスマスをお祝いしませんか?

 

~ お ま け ~


ringo_line.gif

 

ringodaigaku_link04.gifりんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。
⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ