りんごのグラタンガレット

投稿者: | 2018年2月17日

“ガレット”ってご存知ですか?

フランスの郷土料理で、クレープのように薄く焼いた生地といろいろな食材を合わせて食べる料理です。特にそば粉を使ったものを“ガレット”と呼ぶ場合もあるように、最大の特徴はそば粉を使う点です。

このガレットはシードルで有名なフランス・ブルターニュ地方が発祥と言われていて、本場ではシードルと合わせて食べられることも多いそう。そこで、今回はシードルに合うりんごを使ったガレットをご紹介します。

 

《りんごのグラタンガレット》

【材料】2人分

<ガレット生地>
そば粉 50g
少々
100ml
溶き卵 20g
<具材>
りんご 1/2個
玉ねぎ 1/2個
ベーコン 30g(2枚くらい)
バター 10g
小麦粉 大さじ1/2
牛乳 100ml
ピザ用チーズ 50g
塩・こしょう 少々
顆粒コンソメ 少々

●作り方●

1. 《ガレット生地を作る》
ボウルにそば粉、塩を入れ軽く混ぜ、水の1/3量を加えて泡立て器でよく混ぜる。
2. 残りの水と溶き卵を少しずつ加えながらトロトロの状態になるまで混ぜ、ラップをして冷蔵庫で1時間休ませる。
3. 《具材の準備》
りんごは皮つきのままいちょう切り、玉ねぎは薄切りにし、ベーコンは2cm幅に切る。
フライパンにバターを溶かしてりんご・玉ねぎ・ベーコンを中火で炒める。
4. 玉ねぎが透き通ってきたら小麦粉をふり入れ、粉っぽさがなくなるまで全体に小麦粉をからめる。
5. 牛乳を数回に分けて加える。だまにならないようにその都度よく混ぜるようにする。
6. トロミがついてきたら塩・コショー、顆粒コンソメで味を整える。
7. 《仕上げ》
大きめのフライパンに油を入れて熱し、キッチンペーパーなどで余分な油をふき取る。
8.ガレット生地を玉じゃくし1杯分流し入れ、フライ返しなどで手早く薄く広げる。
9.表面が乾いてきたら具材とピザ用チーズを中央部分にのせる。
10.生地のフチがカリッとしてきたら具材を包むように四方を内側に折りこみ、蓋をしてチーズがとろけるまで弱火で熱する。
11.器に盛り、付け合わせの野菜を添える。

 

塩味のきいた具材をそばの香りが包み、りんごの甘みも感じられてとても美味しいです。

軽食としても、シードルのお供としても、どんな具材とも合いそうなガレット。そばに親しんでいる日本人であればどことなく懐かしさを感じさせる味かもしれません。それほど難しいものではないので、ぜひそば粉からガレットを作ってみてくださいね!

シードルの購入はこちらから!

 

販売元はこちら! ⇒

りんごライン   りんご大学リンクバナーりんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

  りんご大学メールマガジン「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ