大学生と地域企業との連携プロジェクト 第2回

投稿者: | 2018年6月26日

弘前大学人文社会科学部のビジネス戦略実習の一環で始まった、地域企業との連携プロジェクトの続報です。第1回目の記事は、こちら

課題テーマを「りんご生産量・栽培面積拡大プロジェクト」として始まり、学生たちが何度かミーティングを行った中で、まずはりんご農家の現状を知ることを目的に、実際にりんご園地を訪れ視察が行われました。

 

プロジェクトの連携企業である弘果総合研究開発株式会社の案内で、普通(丸葉)栽培園地と、高密植栽培園地を視察しました。

 

 

 

 

それぞれ栽培規模や生産量、経費や収入など職業としての現状の説明を受け、学生たちはメモを取りながら真剣に耳を傾けていました。

 

 

 

同じりんご栽培でありながら、大きく異なる栽培方法の園地の現状を見て、学生たちは何を思ったでしょうか。
りんご栽培には他にもわい化栽培という方法もあり、青森県内でも生産者さんによって栽培方法や栽培規模などが異なります。どれが一番良いというものでもなく、それぞれの良さをいかし、生産者さんに合ったやり方で美味しいりんご作りに励んでいます。

こうした現状を把握したうえで、『りんご農家』が魅力ある職業として選ばれるにはどうすればよいかを考えていくことになります。

今回の視察の他に、同じ人文社会科学部の学生を対象に「りんご農家への就農に対する学生の意識調査」と題しアンケートも実施しているとの事で、これからどのようにアプローチするのか、学生の視点でのアイデアに期待したいと思います。

りんごライン   りんご大学リンクバナーりんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

  りんご大学メールマガジン「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ