2019年産 青森りんご

投稿者: | 2019年12月29日

 

2019年も残すところあとわずかとなりました。

りんご大学では、今年も様々な情報をお伝えしてきましたが、今年一年の締めくくりとして、2019年産青森りんごについて振り返ってみたいと思います。

 

 

 

 

今年のりんごの開花は、平年より2~3日早く開花しました。

今年は開花前の4月から8月中旬まで、気温が高く雨が少ないという状況が続き、干ばつによる影響が心配されました。

 

 

他にも、心配されていた台風は直撃を免れ、強風による傷果があったものの、それほど大きな影響はありませんでした。
また、昨年発生量の多かった黒星病は、生産者さんの徹底した防除と好天に恵まれたことで、少ない状況となりました。

 

 

海外輸出は今年も好調で、「トキ」「世界一」「陸奥」「大紅栄」などの大玉が特に人気です。

雨が少なかったことでその後の生育が心配されましたが、少々小玉傾向となったものの、その分、糖度の高い美味しいりんごになりました。今年のりんごは特に味が良いと評判です。

全国的には台風被害などで農作物の生育に影響を及ぼした印象の1年でしたが、幸いなことに、青森県産りんごに関しては大きな災害などもなく順調に生育し、着色良好・良味の出来秋を迎えたと思います。

 

 

12月28日(土)に行われた、今年最後のりんごの競り「りんご止市」では、大雪となった天気にも負けじと卸売場内は熱気に包まれ、競り人の威勢のいい掛け声が響き渡り、2019年の競りを締めくくりました。

 

 

2019年産のりんごはすべて収穫を終え、生産者の皆さんは一息ついているところですが、貯蔵性の高い有袋栽培のりんごは冷蔵保存され、来年の夏頃まで新鮮なものが食べられます。

 

2020年も美味しい青森りんごが皆様のお手元に届きますように。
2020年もりんご大学をどうぞよろしくお願いいたします。

2019.12.29 りんご大学スタッフ一同

りんごライン   りんご大学リンクバナーりんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

  りんご大学メールマガジン「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ