創作文字絵りんご研究発表会2020

投稿者: | 2020年11月21日

11月21日(土)、毎年恒例の「創作文字絵りんご研究発表会」(岩崎農園 園主岩崎智里さん)が、弘前市の卸売市場「弘果弘前中央青果(株)」で開催され、競売が行われました。

文字絵りんごは主に観賞用や贈答用として人気が高く、日本のみならず海外からも注目されています。

縁起物やクリスマス、正月用など、芸術的なりんごの数々がずらりと並び、関係者などが見守る中、次々に競り落とされていきました。

大きくて有名な「世界一」よりさらに大きくなる「スタークジャンボ」や、鮮やかな紅色に色づく「陸奥(むつ)」が使用され、字や絵が浮き上がる様は、縁起物の風格を漂わせており実に見事な出来映えです。

来年の干支の丑(うし)や十二支など、様々な絵柄があり見る人を楽しませてくれます。

文字絵りんごだけでも十分美しいのですが、宝船に仕立てたり縁起物の小物と一緒にケースに入れると、より一層美しくまさに芸術品です。

この文字絵りんごは、通常の有袋栽培の過程にシールを貼って剥がす作業が追加されます。袋をかけるだけでも手間がかかるのですが、シールの作業がかなりの労力がかかるため、これほど見事な文字絵りんごを制作している生産者さんはなかなかおりません。

制作されている岩崎農園さんでは、商売繁盛やおめでたいことに使われることが多いので、リクエストに応じた制作も行っているとの事です。

制作過程などは、「岩崎農園文字絵りんご」のページをご覧ください。

どこかで文字絵りんごを見かけたら、ぜひじっくりと観賞してみてくださいね。

りんごライン   りんご大学リンクバナーりんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

  りんご大学メールマガジン「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ