2020年産 青森りんご

投稿者: | 2020年12月29日

2020年も残すところあとわずかとなりました。

りんご大学では、今年も様々な情報をお伝えしてきましたが、今年一年の締めくくりとして、2020年産青森りんごについて振り返ってみたいと思います。

1月~2月は例年稀にみる雪の少なさで、3月に入っての雪解けも早かったことから、かなり早く花が咲くのでは思われていました。
ところが、4月の気温が低かったため、結果平年並みの開花となりました。

8月~9月には猛暑が続いたことで、日ヤケ障害などの影響が多少ありましたが、今年は台風の接近もなくその後の生育は順調で、玉伸び・蜜入りともに良いものができました。

主要品種である「サンふじ」の着果量は多く、11月2日の卸売市場への入荷数量は13万箱を超え、まずまずの出来秋を迎えられたのではないかと思います。

新型コロナウイルスの影響で、「りんご花まつり」「りんご品評会」などのイベントが中止となり、卸売市場での競売も感染防止対策による厳戒態勢で行われた1年となりました。

28日(月)に行われた、今年最後のりんごの競り「りんご止市」では、マスク・消毒・検温と厳戒態勢の中、いつものように競り人の威勢のいい掛け声が響き渡り、2020年の競りを締めくくりました。

2020年産のりんごはすべて収穫を終え、生産者の皆さんは一息ついているところですが、貯蔵性の高い有袋栽培のりんごは冷蔵保存され、来年の夏頃まで新鮮なものが食べられます。

2021年も美味しい青森りんごが皆様のお手元に届きますように。
2021年もりんご大学をどうぞよろしくお願いいたします。

2020.12.29 りんご大学スタッフ一同

りんごライン   りんご大学リンクバナーりんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

  りんご大学メールマガジン「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ