りんごは低カロリーで栄養たっぷり!②栄養

投稿者: | 2021年2月16日

甘くておいしいりんごですが、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?

また、どんな栄養があるのでしょうか?

今回はりんごの栄養についてご紹介致します。

■りんごの栄養■

りんごにはどのような栄養分が含まれているのでしょうか?

りんごを構成する成分は水分が83%で、ほとんどが水分でできています。残りの17%の栄養分が私たちの体に重要な働きをしてくれます。

●カリウム
カリウムは、ナトリウムとバランスをとり、細胞を正常に保つはたらきをもつ、私たちの体にとって重要な成分です。ナトリウムによる血圧上昇を抑制し、血圧を下げる作用があります。また、利尿作用があり、むくみの解消に役立ちます。

●食物繊維
水溶性の食物繊維であるペクチンは、腸内の状態を正常に戻そうとする作用や、下痢を予防する効果があります。また、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして、便通を良くしてくれます。りんごのペクチンは果皮と実の間の部分に多く含まれています。

●ポリフェノール
りんごの皮に多く含まれるポリフェノールは、体内の細胞を老化させてしまう活性酸素の働きを抑制し、ガンの予防や糖尿病の改善などの効果が期待できます。また、抗酸化にすぐれており、細胞の老化を防ぐ作用があるので、肌や皮膚を若々しく保つ効果があります。

●りんご酸・クエン酸
りんごの酸味のもとであるりんご酸とクエン酸は、炎症を抑える作用や、疲労回復、食欲増進などの効果があります。

この他にもりんごには体にうれしい効用がたくさんあります。
詳しくは、こちら

甘くておいしいりんごには、体にうれしい成分がたくさん含まれているんですね。『1日1個のりんごで医者いらず』といわれていることも納得です。皆さんも、りんごを食べてすこやかな毎日を過ごしましょう!

りんごは低カロリーで栄養たっぷり!①カロリーは、こちら

りんごライン   りんご大学リンクバナーりんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

  りんご大学メールマガジン「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ