2021年産 青森りんご

投稿者: | 2021年12月29日

2021年も残すところあとわずかとなりました。

りんご大学では、今年も様々な情報をお伝えしてきましたが、今年一年の締めくくりとして、2021年産青森りんごについて振り返ってみたいと思います。

4月中旬までは暖かかったのですが、それ以降は気温が低い日もあり遅霜が発生しました。
さらに今年は雨が少なく、観測史上最少の降雨量でした。

そのため、凍霜害による「サビ」や雨不足による小玉傾向となり、弘果弘前中央青果㈱に入荷したりんごの数量が減少いたしました。

「今年は数が少ない」「今年はサビ果が多い」などという声をよく耳にしたものの、弘果市場に入荷されるりんごを見ると、大玉で高品質のものも数多くみられました。
11月8日には13万箱を超える入荷数量もあり、やはり生産者さんの努力と栽培技術の高さに感心させられます。

台風の被害もなく、小玉傾向だというものの、非常に食味の良い美味しいりんごに仕上がりました。

輸出の方は今年も好調で、大玉の「トキ」が人気ですが、「ふじ」「大紅栄」などもたくさん輸出されています。
春節以外での家庭消費が定着していることから、輸出量、販売金額ともに前年を上回りました。

コロナ禍で昨年は中止された「りんご花まつり」や「りんご品評会」は、しっかりとした感染対策をしたうえで開催され、マスク・消毒・検温が日常的に行われるようになり、弘果市場での競売も活気にあふれていました。

りんご花まつり
りんご品評会

28日(火)には今年最後のりんごの競売「りんご止市」が行われ、いつものように競り人の威勢のいい掛け声が響き渡り、2021年の競りを締めくくりました。

2021年産のりんごはすべて収穫を終え、生産者の皆さんは一息ついているところですが、貯蔵性の高い有袋栽培のりんごは冷蔵保存され、来年の夏頃まで新鮮なものが食べられます。

2022年も美味しい青森りんごが皆様のお手元に届きますように。
2022年もりんご大学をどうぞよろしくお願いいたします。

2021.12.29 りんご大学スタッフ一同

りんごライン   りんご大学リンクバナーりんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

  りんご大学メールマガジン「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ