vol.20 リンゴとは、遠きにありて想うもの

大阪出身なのでよく言われるのです、「大阪って面白いところですよね」と。そして「あんな面白くて、ご飯も安くておいしい街で育って、いいなあ」という言葉が続きます。うーん、実はその言葉、少々微妙な気持ちで聴いているんです。実は私、大阪に全くと言っていいほど愛着がないんです。はっきり言ってしまうと、好きではない。それも、かなり「嫌い」に近い、好きではない、です。

もっと読む


vol.19 雪もリンゴもボツネタも再利用しちゃえ!

昨年度の冬は、東京での積雪はじめ記録的な大雪のニュースが相次ぎました。例年の3倍近く積もったという福井市など本当に大変そうでしたね。新潟県での列車立ち往生なんていうのもありました。私の住む青森市も「人口30万人以上では世界一の豪雪都市」として有名ですが、日本各地で大変なことになっているのにこちらは例年と積雪量が変わらなかった。自然ってよくわからないですね。そんな雪も、すっかり姿を消してしまいました。街には今、春のにおいを載せたそよ風が吹いています。

もっと読む


vol.18 大器「晩生」

音楽の世界は魑魅魍魎の集まりなので、時に人間の常識といったものが通用しないような人が散見されます。最近は絶滅種になりましたが、「まっとうな仕事(注:音楽のこと)で得た金で(麻薬を)打って何が悪い」とうそぶいたチェット・ベイカーとか、ジャズ界で一、二を争う色男だったのに麻薬の売人と揉めてタコ殴りにされ歯を抜かれてしわくちゃのおじいちゃんみたいになっちゃったチェット・ベイカーとか、アムステルダムのホテルの二階から転落死したドジなチェット・ベイカーとか、一昔前までの破滅型の天才ミュージシャンのとんでもエピソードは枚挙に暇がありません。

もっと読む


vol.17 りんごカレーとカヴァーの味

私の数少ない楽しみのひとつに、知らない街を歩いてみるというものがあります。街には、そこに住む人たちの醸し出す独特の空気が漂っており、その空気の匂いの中からその街の日常を感じとるのは、私にとってとても豊かな時間なのです。その街歩きの中でも欠かせないのが地元スーパーの食料品売り場を眺めることです。地元とは言っても、別にその地域特有のスーパーでなくても良く、イオンとかイトーヨーカドーなどの全国的チェーンでも構いません。

もっと読む


vol.16 畑違いのリンゴが生る

先日NHK総合の人気番組「ブラタモリ」で、待望の弘前編が放送されました。ご覧になった方もたくさんいらっしゃるかと思います。もちろん私も観ました。番組のホームページで調べたのですが、第78回目にして初の青森県ロケでした。タモリさんも弘前に来るのは高校の修学旅行以来だとおっしゃっています。やっぱり東北や北海道ロケはまだまだ少ないですね。これから増えるんでしょうか。

もっと読む

Twitter  facebook  note