HOME - 品種・統計 - 日本のりんご輸出入量

日本のりんご輸出量

青森りんごの輸出は、東南アジアの経済不況などから厳しい環境にありましたが、最大の輸出国である台湾が2002年(平成14年)1月にWTOに加盟し、輸入数量割当額が撤廃され、関税も引き下げられたことから、2013年産(平成25年)から大幅に増加しています。

今後、さらに輸出拡大を図るため、2003年(平成15年)から「青森りんごプロモーション事業」を創設し、台湾でのテレビコマーシャルの放映や新聞広告掲載などによる宣伝広告や販売フェアを開催するなどして輸出振興に努めています。

日本のりんご輸出量グラフ

※クリックで画像を拡大表示できます。

年産 数量(t) 年産 数量(t) 年産 数量(t)
2001年産 6,592 2008年産 22,256 2015年産 36,304
2002年産 12,210 2009年産 23,867 2016年産 27,558
2003年産 15,658 2010年産 17,940 2017年産 33,150
2004年産 10,770 2011年産 9,867 2018年産 33,194
2005年産 18,899 2012年産 14,898 2019年産 31,772
2006年産 23,398 2013年産 19,886
2007年産 25,497 2014年産 30,115

●主な輸出先 2019年産(令和元年産)

国名 数量(t)
全世界計 31,772
台湾 22,543
香港 7,136
タイ 1,138
ベトナム 337
シンガポール 335
その他 283

(財務省貿易統計)
※折れ線グラフはデータに基づき作成しました。
※年産:当該年の9月~翌年8月まで

日本のりんご輸入量

1971年(昭和46年)6月に自由化されましたが、1975年(昭和50年)北朝鮮及び韓国からの1,195トンを最高に両国から断続的に少量輸入されたことはありますが、世界的な主産国である欧米や旧ソビエト連邦、中国からの輸入は、植物防疫法で定められているコドリンガ、ミバエ等禁止対象有害病害虫等のために禁止されてきました。

しかし、これら病害虫の完全防除技術が確立したとして、1993年(平成5年)6月にニュージーランド産りんごが輸入解禁されたのを皮切りに、1994年(平成6年)8月からはアメリカ産が、1997年(平成9年)9月にはフランス産が、1998年(平成10年)12月にオーストラリア・タスマニア産が輸入解禁され、1999年(平成11年)7月にはアメリカ産のふじなど5品種が追加輸入解禁されました。

日本のりんご輸入量の推移グラフ
年次 数量(t) 年次 数量(t) 年次 数量(t)
1995年 9,295 2004年 18 2013年 2,291
1996年 710 2005年 124 2014年 2,563
1997年 150 2006年 0 2015年 1,300
1998年 221 2007年 0 2016年 1,923
1999年 308 2008年 37 2017年 4,257
2000年 594 2009年 63 2018年 3,759
2001年 2,339 2010年 134 2019年 4,868
2002年 120 2011年 148
2003年 108 2012年 1,894

(財務省貿易統計)
※折れ線グラフはデータに基づき作成しました。
※年次:1月~12月

新着情報

〈新ブログ一覧〉
〈旧ブログ一覧〉

海外のウェブサイト

繁体中文簡体中文English

りんご大学からのおすすめ

Page Top