HOME - 品種・統計 - りんごの品種 - 各品種について

印度(いんど)

印度(いんど)

分類・収穫期 晩生種・10月下旬
味の特徴 甘味が強く、酸味がほとんどない
果肉・果汁 硬い・果汁が少ない
大きさ・形 250~300g程・長円錐、斜形の独特の形
果皮色 緑黄色で、陽光面が赤く色づく
かけ合わせ 明治初年に青森県弘前市で生まれたと言われている
貯蔵性 非常に高い
・青森県弘前市で生まれた日本最初の品種です。
・品種名「印度」には様々な説があります。弘前市東奥義塾教師ジョン・イング(John Ing)氏の名前からという説、ジョン・イング氏がインディアナ州出身だったからという説、インディアナから種子が送られてきたからという説、などです。
・戦後は高級りんごとして出回りました。

主な品種

収穫時期別

全品種

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

ワ行

過去の主要品種

外来種、他

台木

品種紹介ブログ りんごのチャート表 有袋りんごと無袋りんご

Page Top