バナー画像
スライド画像
スライド画像
スライド画像

Vol.6 --- アランミリアのリンゴジュース

 「アラン・ミリア」は、フランスの高級レストランや高級ホテル御用達の、上質なフルーツジュースのメーカー。フランスを中心に、最上のフルーツを最上の状態で収穫し、ジュースに仕立てている。フルーツのコンフィチュール(ジャム)やコンポートも製作している。
 フルーツの最高のおいしさを味わえる飛び切りのジュースとして大評判。イチゴや洋ナシ、桃やブドウなどは、様々な品種の用意があり、同じフルーツでも品種によるおいしさの違いも楽しめる。

アランミリアのリンゴジュース
色鮮やかなジュースとジャムが美しく並び、
シンプルなデザインのラベルは高級感が感じられる。

 リンゴのジュースは、2種類。「アラン・ミリア」が最初に開発した商品のひとつであるコックス種のリンゴジュースと、レイネット種のリンゴジュースだ。
 コックス種は、ノルマンディ地方で栽培され、シードルを思い起こすような爽やかな酸味が特徴。漉していないにごった色の果汁は、まさにリンゴの味そのものだ。ベストセラーの一角を占めている。

アランミリアのリンゴジュース
写真左からカリンとのブレンド、レイネット種、コックス種のりんごジュース。
1リットル入り瓶 値段は約3.6ユーロ。
日本で探すと1本1,050円で売られている。

 レイネット種は、フランス中東部リヨン近郊で栽培。軽い酸味と木の香りが楽しめる、爽やかな味わい。
 さらに、リンゴにカリンを混ぜ合わせたブレンドジュースも提案。カリンの強い酸味に数種のリンゴジュースをブレンドし、絶妙のバランスの味を表現した。
 昨年11月には、パリに初めてのブティック&レストランが誕生。それまでは、高級食材店やレストランなどで数種類のジュースにしか出会えなかったが、すべての種類を買えるようになった。野菜をたっぷり使ったレストランの料理も好評。ティータイムにはお菓子とジュースも楽しめ、食いしん坊のパリジャンたちで毎日大賑わいの注目スポットだ。

アランミリアのリンゴジュース

(2012/12/21)

加納 雪乃
Yukino Kano

神奈川県出身 パリ在住。
専門はフランスの食文化、バレエ。
サラリーマン時代に、95~97年、パリ事務所の駐在員として初めてフランスに滞在。 フランスの食文化の魅力に感動し、その魅力を広く伝えたいと思うようになり、帰国後しばらくしてから退社。 改めて自分で渡仏し、2000年からライターとして活躍している。
著書:「パリオペラ座バレエと街歩き」「パリ スウィーツの話」(ともに集英社 be文庫にて発売中)

新着情報

〈新ブログ一覧〉
〈旧ブログ一覧〉

海外のウェブサイト

繁体中文簡体中文English

りんご大学からのおすすめ

Page Top