第3回 りんごでデトックス!

いよいよ、りんごの季節の到来です。瑞々しいりんごに出会える今の季節は、青森県に住む幸せを実感しますね。
 そして、今月のテーマは「デトックス」です。
 女性にとってはお肌の悩み同様、便秘の悩みも尽きません。かくいう私もセンナを飲んでみたり、リンパドレナージュを受けてみたりと、ラクして老廃物の排出を目論んでみましたが、お腹が痛くなったり費用のかかりすぎで継続不能…。
 日々の努力の積み重ねが何より苦手なために、いつも体内に過剰な栄養分をたっぷり抱え込んでいます。
 マクロビオティックや断食、硬水を大量に飲むといったデトックス法は、3日坊主になることがわかりきっているので試してみようとも思いません!(キッパリ)

実はアンチエイジングとデトックスには、密接な関係があります。身体の中に老廃物が溜まり、それがうまく排出されないことで老化が進行していくので、お肌のお手入れとともに身体の内側のお手入れをしていかなければアンチエイジング効果は得られません。つまり、アンチエイジングケアを行うなら「新陳代謝」を高めて老廃物をしっかりと排出する必要があるのです。いつもお通じが悪く、腸に便が溜まっている状態では、せっかくの栄養素も身体に吸収できません。腸内に余計なものを溜めずにスッキリさせることで、はじめて美容や健康的なケアができるということなのです。
 そしてこの腸内デトックスの立役者が「食物繊維」なのです。
 腸の中には約100兆個の細菌が住みついていると言われます。乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌。一方、大腸菌などの悪玉菌も混在しており、この悪玉菌を体外に排出するために食物繊維が大活躍します。下剤を飲んだりするよりも、食事による自然な形で排出するのが一番なのは言うまでもありません。
 食物繊維をたっぷりとって、腸内をスッキリさせましょう。と、ここまで書いてみましたが、分かってはいるけれど続かないのが食事療法ですよね…。

りんごでデトックス

果物に含まれる食物繊維は、通常「ペクチン」と呼ばれています。
 りんごに含まれるアップルペクチンは、単に悪玉菌を外に出すだけでなく、活性酸素の抑制や善玉菌を増やすスグレモノであることが分かってきました。
 手軽にりんごを楽しむ方法として、ホットアップルジュースもお薦めです。
 青森の女性に肌のきれいな人が多いのもりんごの整腸作用が大きく影響しているのでしょう。1日の食事の中にりんご、またはりんごジュースを取り入れることから始めてみませんか?
 新鮮なりんごが手に入る、今の時期は特に「りんごでデトックス」をスタートさせる一番良いタイミングですよ。

(2013/10/1)

プロフィール

柳澤 泉

東京都出身 日本大学大学院 博士前期課程修了

自立した地域社会の構築を目指し、通称「野菜ソムリエ」の最高峰である野菜ソムリエ上級プロの資格を取得、食産業のスモールビジネス支援を数多く手掛けています。 種苗会社専務取締役、(特)農商工連携サポートセンター理事、企業組合あっぷるびゅあ代表など多方面で活躍されています。

新着情報

〈新ブログ一覧〉
〈旧ブログ一覧〉

海外のウェブサイト

繁体中文簡体中文English

りんご大学からのおすすめ

Page Top