第4回 むくみ予防に最大効果

「クリームパン足」をご存知ですか?
 足の筋肉である「固有筋」が衰えてくると、水分が溜まってむくみやすくなります。足の甲から指までがパンパンになってしまうもので、仕事を終えて靴を履き替えると足が入らなかった!という経験をした人も少なくないと思います。朝起きると顔がパンパンにむくんでいた・・・なんて事もよくありますよね。塩分の多い食事を摂ったりアルコールを多量に摂取したりすると、翌朝には悲惨な顔に・・・。腎機能が低下すると、食べた物や飲んだ物をうまく濾過する事が追いつかなくなり、尿などの水分になって体外に排出されないため「むくみ」となってしまうのです。

利尿効果のある果物としてもりんごは注目されています。塩分の排出を促すカリウムを豊富に含んでいるためですが、カリウムは調理によって溶け出しやすいので、なるべく生食で摂取したいですね。りんごの皮に栄養があるのは分かっているけど、皮をむいて食べるのが習慣になっている方に、ぜひ試して頂きたいのが「丸かじり」です。お肌にハリをもたせるためにエステや美顔器でマッサージをする方もいますが、顔の筋肉を動かすことで顎の筋肉などの表情筋を鍛え、お肌のタルミを予防した方がずっと効果的です。その上タダ…。りんごは皮ごとかぶりつき丸かじりする。そしてよく噛んで折ジワのように刻まれたほうれい線とサヨナラしましょう。筋肉量が少なくて皮下脂肪量が多い女性は、血流やリンパの流れが滞りがちになり冷え性やむくみを引き起こしやすくなります。最近はスムージーで野菜や果物を摂る人も増えていますので、試してみて下さいね。皮つきりんご120gに牛乳300ccとレモン果汁大さじ1にお好みではちみつを加え、ミキサーにかければ出来上がりです。

むくみ予防に最大効果
※画像「青森県りんご対策協議会」より引用

むくみが出るということは「身体の中に余分な水分や老廃物が溜まっているよ」というサインです。これらの水分や老廃物を体外に排出することが、健康的なダイエットの第一歩と言えるでしょう。むくみ予防には血行やリンパの流れを促すために、適度な運動とともに身体を締めつけないよう注意しましょう。睡眠不足や冷えもむくみの大敵です。これらに注意し、むくみを解消することは美肌と健康を維持するためにとても大切です。

これから年末年始に向けてお酒を飲む機会も増えます。忘年会や新年会には、バックの中にりんごを1個しのばせておき、飲み終わった後におもむろにバックからりんごを取り出し丸かじり!りんごの国に住む私たちには、こんな美容法があっても楽しいですよね。

(2013/11/1)

プロフィール

柳澤 泉

東京都出身 日本大学大学院 博士前期課程修了

自立した地域社会の構築を目指し、通称「野菜ソムリエ」の最高峰である野菜ソムリエ上級プロの資格を取得、食産業のスモールビジネス支援を数多く手掛けています。 種苗会社専務取締役、(特)農商工連携サポートセンター理事、企業組合あっぷるびゅあ代表など多方面で活躍されています。

新着情報

〈新ブログ一覧〉
〈旧ブログ一覧〉

海外のウェブサイト

繁体中文簡体中文English

りんご大学からのおすすめ

Page Top