りんご大学 旧ブログタイトル画像

第1回 ツル割れりんご「おいしさの秘密」

味がおいしく、価格もおいしい!!
だから、2度おいしいツル割れりんご!!
ツル割れは“おいしい目印!!”
 
おいしいツル割れりんごについて、3回に分けてご案内いたします。
           
         第1回目は、
≪ツル割れりんご「おいしさの秘密」≫
                        をご紹介します。
 
 turuware1seisannsya-ringo.gif
〇「ツル割れりんご」とは、りんごのツルもとに亀裂が入っているりんごのことです。①
 
      〇おいしさの秘密
このツル割れりんごには、おいしさの秘密があります。それは… 
 
 ・りんごの実が、しっかりと熟した証拠。
      よってりんご自身からエチレンガスも出てさらに追熟。
 
 ・成熟期に達した証拠。よって、収穫するまでツル割れが起き、
   遅くなればなるほど増加する。
 
 ・りんごの実は、成長している時に果実にキズ(ツル割れ)が
     つくと、それを直そうと多くの栄養分が運ばれるのでおいしい。
 
なので、蜜入り完熟りんごが多いのです。 
 
よって、ツル割れりんごは おいしいりんごの目印 とも言われます。
 
 ですから、このツル割れりんごを食べている方は、りんごのおいしさを知った 
 りんご通なのです。
 

turuware1katto.jpg

右の写真のようにツル割れの部分を切り取ると、
通常のりんごと変わりません。 
 
 皆さんも一度、このツル割れりんごを
食べ比べしてみてください!
 
 あなたも「りんご通」になれるかも!!
 
 
 
 りんごのツル割れ要因にはさまざまありますが、成長時の雨の影響により、りんごの果肉の成長が早すぎて、果皮がその成長に追い付かないことでも、ツルもとが割れてしまいます。
(下の写真は、ツル割れのりんごと通常のりんごの比較です。)
 
turuware1ware1.jpgturuware1tuujyou.jpg
②ツル割れりんご③通常のりんご
 
同じ木から収穫されたツル割れりんごと、通常のりんごと糖度を測り比べてみました。若干ですがツル割れりんごのほうが高いですね。(下記の糖度は、同程度のりんごの平均値です。)
 
ツル割れの大きいものツル割れの小さいもの通常のりんご
②のりんご①のりんご③のりんご
15.7度13.9度13.3度
   
 
ただ、このおいしいツル割れりんごは、外観が劣り、割れたところから傷みやすく商品価値が下がるため、りんごの選果をするときに専用に箱分けをします。
そして小さなツル割れは市場に流通しますが、大きく割れたりんごは加工用に出荷するか、自家用として消費されます。 
 
<選果の様子>
 
turuware1senka.jpg
turuware1senkadai.jpg
中央手前が、ツル割れの箱
 
ツル割れの箱
 

見た目は悪いけど、おいしさの目印「ツル割れりんご」を一度お試しください。

第2回は、ツル割れりんごの「中身は大丈夫!」についてご案内いたします。お楽しみに!

ツル割れりんごは、割れている部分から傷みが進みやすいので、冷蔵庫に入れてお早めにお召し上がりください。

カテゴリ:

りんご大学とは

りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。

◯ りんご大学TOP

◯ 旧ブログTOP

◯ 新ブログTOP

Official SNS

  1. Instagram
  2. Twitter
  3. Facebook