りんご大学 旧ブログタイトル画像

今のりんご園の様子の最近のブログ記事

りんごの枝を支える"支柱入れ"

りんごの実が大きくなってくると枝にかかる負担も大きくなり、りんごの重みで枝が垂れ下がります。
そのままにしておくと枝が折れることもあるため、「支柱入れ」という作業をします。
続きを読む


りんご栽培には必要不可欠 薬剤散布

今回は薬剤散布の様子をご紹介します。
薬剤散布は病害虫からりんごを守るために行います。農薬は厳しく定められた使用基準を守り、飛散防止のように周辺環境にも配慮しながら使用しています。
続きを読む


高地のりんご栽培を聞いてみた(第三回)

前回(第二回目)は高地特有の気候がりんごに良い影響を与えていることもあるということをお伝えしました。今回は平地に負けないりんごを作るためにこだわっているという土づくりについてお伝えします。
続きを読む


りんご園全体のお手入れ"草刈り"

今回はりんご園全体のお手入れ、「草刈り」の様子をご紹介します。
りんご園では土の水分の蒸発や土壌の侵食を防いだり、有機物補給ということから草を生やしています。
続きを読む





りんごの花が咲いたら...人工授粉開始

5月、青森県弘前市では桜の花の次にりんごの花が咲きます。
冬に行った、りんご農作業の最初の仕事と言われる「剪定(せんてい)」が終わり、春の訪れとともにりんごの花が咲くと、いよいよりんごは実りの秋に向けて成長を始めます。
農家さんではりんごの花が咲くと、人工授粉と摘花の作業が始まります。
今回は人工授粉の作業をご紹介します。
続きを読む


りんごが赤く色づいて...いよいよ収穫(サンふじ編)

りんごの主力品種「ふじ」が美味しそうに色づいて、いよいよ収穫を迎えます。
以前ご紹介した「つがる」は熟したものから収穫する「すぐりもぎ」をしていましたが、「ふじ」は一斉に収穫を行います。(今回ご紹介するのは袋をかけないで栽培した「サンふじ」です)
続きを読む



地味だけど大切な作業!りんごの袋はぎ

りんごには、袋をかけて栽培する有袋りんごと、袋をかけないで栽培する無袋りんごがあります。
7月に「袋かけ」のご紹介をしましたが、その袋をはぐ時期となり、今回は「袋はぎ」の作業をご紹介します。
袋をかけて栽培することで、色づきがよくなり、貯蔵性も高まるのです。
続きを読む


りんごが赤く色づいて...いよいよ収穫(すぐりもぎ)

りんごが大きくなってきて、赤く色づくために「葉取り」、「玉まわし」をして、ようやく全体に色づいた頃、熟して甘く美味しくなったらいよいよ収穫です。
収穫といっても、実ったりんごをすべて一度に収穫できれば労力的に楽なのですが、品種によっては色づきや熟度にばらつきがでるので、熟したものから収穫する「すぐりもぎ」をします。
続きを読む




最終選抜!仕上げ摘果

今回は仕上げ摘果の見学をさせて頂きました。
仕上げ摘果は、残った実をさらに選別して落としていく作業で、大きくなっていない実や傷んでいる実を落としていくのです。まさに最終選抜です。
続きを読む


地味だけど大切な作業!りんごの袋掛け

先日ご紹介したりんごの摘果作業に続いて、袋掛けを見学してきました。
袋掛けは、病害虫からりんごを守り、着色や貯蔵性を良くするために、摘果後のりんごに1つずつ袋をかけていくのです。
続きを読む


熟練の技術~りんごの摘果作業

弘前市内のりんご農家さんの畑にお邪魔して、摘果作業を見学してきました。
摘果とは、不要な果実を除き、残した果実を大きく・美味しく育てるための大事な作業なんです。
続きを読む


台風18号被害状況

9月16日、日本に上陸した大型の台風18号は、ここ青森県にも集中豪雨を降らせました。特に津軽地方では川沿いの地区を中心に避難指示・勧告が出され、さらにりんご園などの冠水が相次ぐほどの大きな被害となりました。
続きを読む


豪雪によるりんごの雪害

平成24年は青森県内でも記録的な豪雪で、2月20日の青森市では、積雪が152センチに達するなど大変な大雪に見舞われました。雪の重みで建物が倒壊したり、事故による交通網の乱れ、除雪作業によるケガなど、雪による被害が相次ぎました。
続きを読む


今のりんご園の様子「袋かけ」

りんごの袋かけ作業が始まりました。こちらの品種は金星です。
摘果作業が終わったりんごに一つずつ袋を掛けていきます。袋をかける利点は、「着色が良くなる」「さびを防止する」「貯蔵性に優れている」ということが挙げられます。
続きを読む




今のりんご園の様子「人工授粉」

りんごの授粉って実は複雑で、りんごは自分(同じ品種)の花粉では、実がならないのです。
違う品種の花粉でも実がならない組み合わせ(交雑不和合性)があったり、花粉が使えない品種(三倍体品種)があったりします。
続きを読む


今のりんご園の様子「防霜」

防霜というのは、字の通り霜を防ぐといことですよね。今回は「なぜ霜を防がないといけないのか」と、「どのように霜を防いでいるのか」ということについて一緒に勉強していきましょう!
続きを読む



今のりんご園の様子「袋はぎ」

着色管理として「有袋栽培」で袋かけをしたりんごは、かけた袋をはがす『袋はぎ』作業を行います。早生種は8月から、中晩生種は9月中旬から10月上旬に袋をはぎ、果実に光を当て、綺麗に着色させます。
続きを読む



今のりんご園の様子~袋かけ~

6月から、りんごの袋かけ作業が始まりました。
病害虫からりんごを守り、着色や貯蔵性をよくするために、摘果後のりんごに一つずつ袋をかけていきます。
続きを読む



今のりんご園の様子「防霜」

4月に続いた低温の影響でりんごの生育が遅れています。5月に入ってからも寒い日が続き、青森地方気象台によりますと、15日頃まで気温が低い状態が続く見込みです。12日にふじの花が咲き始め、凍霜害の被害を受けやすい時期となりました。この時期は防霜対策が重要な作業となります。
続きを読む


りんご大学とは

りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。

◯ りんご大学TOP

◯ 旧ブログTOP

◯ 新ブログTOP

Official SNS

  1. Instagram
  2. Twitter
  3. Facebook