りんご大学 旧ブログタイトル画像

蜜入りりんごと言えばサンふじです

今年のサンふじは蜜入りも良く、美味しく出来ました!

 

  主力品種のふじが店頭に並ぶと、いよいよりんごの旬の到来を感じます。ふじは甘さと酸味のバランスがとれていて、とてもいい香りがします。そして果汁が豊富で歯応えがシャキシャキと心地よく、万人に好まれる要素を最も兼ね備えているりんごです。

  ふじには、果実に袋をかけて育てた有袋ふじと、袋をかけずに育てた無袋ふじ(サンふじ)がありますが、特に人気があるのがサンふじです。その理由の一つが「蜜入りが多い」ということ。半分に切った時に黄金色の蜜が現れると、得した気分になる人も少なくないと思います。

  では、蜜とは一体どういうものなのでしょうか?

sunfuji_mitsu2.jpg

 

「蜜入り=完熟=甘い」

  光合成によって葉で作られたデンプンは、ソルビトールという糖分の一種に変化します。ソルビトールはさらに果糖・ショ糖・ブドウ糖などの糖に変換されて果実の細胞に蓄えられますが、果実が成長すると細胞が糖でいっぱいになります。すると、細胞内に入りきれなかったソルビトールは、水分を引き寄せながら細胞と細胞の間にあふれてきます。蜜が入っているということは、果肉の細胞にすでに糖が充分に蓄えられていて余っている状態です。それがつまり、りんごの果肉全体が完熟して甘いという証になるのです。

 

蜜入りりんごを見分けるには?

あま~い蜜入りりんごを食べたい!そんな方は、こちらを参考にしてみて下さい。

  1. ずっしりと重みがある
    見た目は同じ大きさでも蜜入りの方が重いです。

  2. おしりの部分まで色づいている
    濃いアメ色(深い赤茶色)になっているものがおすすめです。

  3. ツルが太くてしっかりしている
    ツル元が深くくぼんでいて変形していないものがよいでしょう。

 

  世界が認める美味しさのサンふじ、旬のこの時期こそ毎日食べましょう!ちなみに、りんごで一番甘く美味しいのは皮に近い部分ですので、どうぞ皮ごとお召し上がり下さい♪

 ringoline.gif

皮付きでますます美味しいのがりんごトーストサンド
手軽に作れて栄養満点ですので、ぜひお試し下さい。

toast_top.jpg

りんごトーストサンドの作り方はこちら

 

カテゴリ:

りんご大学とは

りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。

◯ りんご大学TOP

◯ 旧ブログTOP

◯ 新ブログTOP

Official SNS

  1. Instagram
  2. Twitter
  3. Facebook