HOME - 食べる - お店の紹介(一覧) - 大正浪漫喫茶室

大正浪漫喫茶室

2018年3月8日

今回は、青森県弘前市の弘前公園傍の「藤田記念庭園」内にある洋館「大正浪漫喫茶室」にお邪魔いたしました。

「藤田記念庭園」内にある洋館「大正浪漫喫茶室」

モダンでハイカラな洋館の窓際席では、庭園を眺めながら地元食材を使用したメニューをいただくことができます。

りんごを使ったメニューとしては、『焼きりんご』『りんご入りブリュレ』『弘前産のりんご入りビーフカレー』『アップルパイ各種』『りんごとバニラアイスのガレット』『弘前りんごジュース』『食べるフルーツティー』『シードル各種』がある中で、今回りんご大学は、『焼きりんご』『りんご入りブリュレ』『りんごとバニラアイスのガレット』『食べるフルーツティー』『アップルティー』を注文いたしました。

『焼きりんご』

焼きりんご
『焼きりんご』… 650円(税込)
※プラス200円にてセットドリンク可

弘前産りんご「ふじ(時期によりりんごの種類が変わります)」を使い、ラムレーズンとナッツの香る焼きりんごです。お好みでつけて食べれるシナモンソースが焼きりんごにぴったり合っていて絶品。

こだわりのポイントは、りんごを焼くときにトッピングされるラムレーズン、バター、砂糖が十分なじむよう一晩ねかせており、食べる際には熱々で提供され、とても美味しいです。

12月頃から3月までの期間限定メニューになるそうです。

『りんご入りブリュレ』
『食べるフルーツティー』

りんご入りブリュレ、食べるフルーツティー
『りんご入りブリュレ』… 410円(税込)
※お飲み物とセットで720円(税込)
『食べるフルーツティー』… 600円(税込)
※注:食べるフルーツティーはセットで選べるお飲み物には含まれておりません

『りんご入りブリュレ』は、表面がパリパリ、中のプリンはトロトロとしていて、さらに中にはプリンの生地に馴染みやすいように、シロップ漬けのシャキシャキとした角切りりんごが隠れています。スプーンですくうときのサクっとした感覚が楽しく、パリパリとトロトロとシャキシャキ部分を全部一緒にいただくのがおすすめです。

『食べるフルーツティー』は、アップルティーをベースにドライフルーツ(りんご、いちじく、クランベリー)が入ったまろやかに甘いお茶です。香りもお味もとてもフルーティーで、お茶を飲み終わった後は、ドライフルーツを楽しむことができます。ドライフルーツがふわふわもちもちとして温かく面白い食感と味わいになっています。

『りんごとバニラアイスのガレット』
『アップルティー』

りんごとバニラアイスのガレット、アップルティー
『りんごとバニラアイスのガレット』… 600円(税込)
※プラス200円にてセットドリンク可

西目屋村産の蕎麦粉を使用したガレットは、デザートとしていただけるように、クレープに近い感じに焼き上げており、りんごにはしっかりした食感が残っています。りんごを使用したガレットは、1年を通していただくことができます。

アップルティーはほんのりりんごの香りがするフレーバーティーで、こちらはセットドリンクでお付けできるものです。

大正浪漫喫茶室内観の様子

今回の『焼きりんご』『りんご入りブリュレ』『りんごとバニラアイスのガレット』『食べるフルーツティー』『アップルティー』は、「ふじ」を使われていましたが、時期によりりんごの品種が変わると味わいもまた変わってくるそうです。また、りんごを使ったガレットは品種が変わる時に提供されるりんごの形状を変えたりなどもされるそうです。

特に『焼きりんご』と『食べるフルーツティー』はりんご大学でお気に入りとなった一品です。

他にも、6種類の中から選べる『アップルパイ』やほろほろとくずれるお肉の『弘前産のりんご入りビーフカレー』などもおすすめとのことでした。

大正浪漫喫茶室

住所 青森県弘前市下白銀町1-6 弘前市民会館 ※地図はこちら
電話番号 0172-37-5690
定休日 営業期間中は無休
営業時間 9:00~17:00
藤田記念庭園 弘前市みどりの協会
ホームページ
http://www.hirosakipark.or.jp
大正浪漫喫茶室
facebook
https://www.facebook.com/fujitataisyoromankissa/

過去掲載ブログはこちら → http://www.ringodaigaku.com/ringo_blog/blog/2018/03/08/1893.html

Page Top