HOME - 学ぶ - りんごと気象~りんごの気象災害についてご紹介~

りんごと台風

 りんごは風に弱い作物です。りんごの実と枝を結んでいるのは、細いツルの部分です。りんごに強い風があたると、りんご同士がぶつかったり枝にすれることで傷つきます。また、突風や長時間の風で、ツルと枝が離れて落果してしまいます。

 りんご台風と言われる1991年(平成3年)の台風19号では最大瞬間風速53.9m/sの猛烈な風が吹いたために、収穫前の多くのりんごの落下や、りんごの倒木・枝折れという被害を受けました。収穫前のりんごの被害は勿論ですが、倒木や枝折れ等によって農園の再生がままならないため、収穫量の回復に時間がかかり、長期的にも大きな被害を受けました。

 被害面積は2万2400ヘクタール、被害数量は約38万トン、被害金額は約741億円でした。

 りんご台風が青森県に接近したのは9月27日夜から28日朝にかけての一晩ですので、りんごにとっての台風の脅威を思い知らされます。

台風被害
台風被害
台風被害

台風19号後の崩壊したりんご園

台風被害

※クリックで画像を拡大表示できます。

関連ブログ

※クリックで関連ブログを表示できます。

関連ブログ画像

2015年は強い風の影響を受け傷果の多い年になりました。

関連ブログ画像

キズがついてもおいしいりんご

りんごと霜(しも)

 霜とは、物体(植物の葉、地面、建物の窓など)の表面が冷やされることで、空気中の水蒸気が固体化し、氷の結晶となって付着したものです。

 りんごの芽は、芽がふくらみ発芽し葉が開く頃になると、寒さに対する抵抗力が弱くなります。霜によって、めしべは凍って死んでしまうため、花粉が運ばれてきても結実されません。また、葉はしなびて縮んだり、黄色くなったりします。すると、りんごの栄養を作る働きが悪くなってしまい、実が小さくなったり品質が悪くなったりします。

 りんごの霜害は4~5月の春に発生します。霜は通常11月くらいから発生しやすくなりますが、遅れてやってきた霜という意味で、遅霜(おそじも)、晩霜(ばんそう)といわれます。

 また、実になってから霜害にかかることもあります。「サビ」といって、果面に写真のようなザラザラした模様が発生し、見た目が悪くなります。

霜被害
霜被害

※クリックで画像を拡大表示できます。

りんごと雹(ひょう)

 雹(ひょう)は直径が5mm以上の氷の塊です。5mmと言えば大した事のない大きさのように思えますが、直径5mmの雨粒が時速約30kmで降ることと、雹は氷の塊(かたまり)ということを考えると、りんごにとっていかに怖い存在か想像がつきます。雹がりんごにあたると、押し傷や切り傷がつき、売り物にならなくなってしまいます。

雹被害

雹害のりんご

雹被害

※クリックで画像を拡大表示できます。

関連ブログ

※クリックで関連ブログを表示できます。

関連ブログ画像

平成20年産りんご 降霜・降雹被害について

りんごと雪

 雪の重みで幹が割れたり枝が折れたりといった雪害を受けることもあり、断続的な降雪により樹が雪に埋もれ、雪が解け出すとりんごが実る枝の欠損や生育の遅れによるりんごの小玉化に伴う品質低下への影響が心配されます。

 雪害を受けた箇所は、腐らん病や銀葉病などの侵入口になりやすいため、傷口に湿布剤を塗ったり枝を切り落としたりします。

雪害
雪害

※クリックで画像を拡大表示できます。

関連ブログ

※クリックで関連ブログを表示できます。

関連ブログ画像

高地のりんご栽培を聞いてみた(第一回)

関連ブログ画像

2013年 豪雪によるりんごの雪害

関連ブログ画像

2012年 豪雪によるりんごの雪害

新着情報

〈新ブログ一覧〉
〈旧ブログ一覧〉

海外のウェブサイト

繁体中文簡体中文English

りんご大学からのおすすめ

Page Top