HOME - 品種・統計 - りんごの品種 - ピンクレディー・クリプスピンク

ピンクレディー・クリプスピンク

※写真提供:杉山芬(かおる)さん 『青森県のりんご』著者

食べる時期

11月下旬~3月頃

同時期の品種:ふじ、他

スタッフの感想♥

思ったより酸っぱくない。硬め食感でさっぱりした美味しさ。

POINT

品種名:クリプスピンク(Cripps Pink)、商標名:ピンクレディー(Pink Lady)
・ピンクレディーの栽培に対する権利の管理はApple and Pear Australia Limited (APAL)というオーストラリアの組織が西オーストラリア州から委託を受け行っています。各国の生産者は組織をつくり、APALに対し苗木生産と商標使用に対し一定の使用料を支払うシステムになっており、その組織の一つに日本ピンクレディー協会があります。
ピンクレディーを日本で生産する場合は生産農家がAPALと栽培契約を結び、日本ピンクレディー協会の会員になる必要があります。個人で苗を作ったり、生産販売することはいっさいできない国際ルールです。

貯蔵性

貯蔵性が非常に高く、翌年の春頃まで出荷される。
収穫直後よりも、酸味が抜けた1月以降に食べるとより食べやすくなる。

詳細

分類 11月下旬
味の特徴 酸味が強めだが糖度も高く、濃厚な味わい。
大きさ・形 200g前後、長円形
果皮色 綺麗な紅色で、表面が少しボコボコしている。
かけ合わせ 西オーストラリア州のマンジマップという町の州立の試験場で「レディーウイリアンムス」と「ゴールデンデリシャス」を交配して生まれた。
品種紹介ブログ
りんごのチャート表
有袋りんごと無袋りんご