HOME - 品種・統計 - りんごの品種 - 国光(こっこう)・雪の下(ゆきのした)

国光(こっこう)・雪の下(ゆきのした)

※撮影場所:青森県産業技術センター りんご研究所

食べる時期

11月上旬~3月下旬

同時期の品種:ふじ美丘金星、他

オススメの食べ方

おススメの食べ方画像

スタッフの感想♥

酸っぱいけどシャキシャキで、昔ながらのりんごにしては美味しい。

POINT

・煮崩れしにくいため、料理・加工用に適しています。
・国光の収穫期は11月で、収穫前に降雪が見られることがあるため、青森県では別名「雪の下」と呼ばれます。
・1871(明治4)年に開拓使によって導入された品種です。導入当初は「雪の下」「晩成子」など地区によって様々な名称で呼ばれていましたが、1900(明治33)年に「国光」に統一されました。この名は前年の大正天皇の御成婚の慶事にあやかったものであるといわれています。
・日本の風土、特に青森県の風土に適していたため、「紅玉」と共に基幹品種として、100年間にわたってりんご産業を支えてきた品種です。

貯蔵性

非常に高い

詳細

分類 晩生種・11月上中旬
味の特徴 甘味と酸味の調和がとれている。風味があり、口当たりも良い。
大きさ・形 200g前後・円形
果皮色 鮮やかな紅色
かけ合わせ アメリカ原産
品種紹介ブログ
りんごのチャート表
有袋りんごと無袋りんご