りんご畑の冬支度①~資材の片付け~

投稿者: | 2018年12月10日

すべてのりんごの収穫を終えた後も、生産者さんにはまだまだやるべき作業があるのです。

先日、雪が降る前のりんご畑を訪れ、収穫後の作業の様子を伺ってきました。

りんごが収穫され少し寂し気な畑では、使用した資材の片付けを行っていました。

りんごの重みで枝が折れないように入れていた支柱は、1ヵ所にまとめて立て掛け、崩れないように紐で縛っておきます。


基本的に支柱は全部外すのですが、津軽地方は雪がたくさん降るので、雪の重みで枝折れする可能性がある場合は、支柱をあえて残しておくこともあるそうです。

特に雪深い高地では、支柱を多く残すようです。

 

 

 

色づきをよくするため樹の下に敷いていたシルバーシートは、折り畳んでから紐でくくり、小屋に収納します。

りんごの枝に数日間かけておき、乾かしてから片づける生産者さんもおりますが、こちらの園地では、畳んでから水滴が下に落ちるように一旦保管し、その後片づけているとの事です。

 

 

授粉を手伝ってくれたマメコバチの巣箱も、雪に埋もれないように小屋に収納します。

 

これらの作業は雪が降る前に行います。
また、資材の片付けの他にも、もう一つ大事な作業が残っていますが、それはまた次回お伝えいたします。

りんごライン   りんご大学リンクバナーりんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

  りんご大学メールマガジン「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ