2010年1月アーカイブ

100118senntei-map.gif

100118yukiorosi.gif1月のりんご園は、すっかり雪景色。

今年の冬は雪がたくさん降り、津軽地区のりんごの樹も深~い雪に埋もれて真っ白になりました。

このがあまり多く降り積もると、りんご樹の枝が雪の重さに耐えられず、折れたり裂けたりしてしまいます。その為、冬のりんご園ではりんご樹や枝の「雪おろし作業」を行ないます。

100128yuki.jpg

上の写真では、厚いところは1メートルくらいまで積もっており、雪をおろすのも大変そうです。

雪をおろすだけでも大変なのに、りんご園にも深く雪が積もっているので足場も悪くさらに大変な作業となります。また、りんご園までの道も、小さな道は除雪されないので、大きな通りからりんご園までは深い雪を漕いで歩いていきます。これだけでもかなりの重労働です。

下記の写真は、雪の重みでりんごの木が裂けた写真です。

 

100128ki.jpg

りんごの幹が裂けた部分

100128eda.jpg

右側の裂けた枝が雪に埋もれています

 

りんご樹に厚くのしかかる雪は、気温が上がってくると湿気でさらに重くなり、雪に埋もれた枝先も温かくなると雪が沈むため、下に引っ張られていきます。それによって、枝が折れたりするため早めの雪おろしが大事になります。

冬になると、りんご生産者たちも冬休みになるのでは?・・・と思う方もいるでしょうが、
雪をおろしたら整枝・剪定作業、雪が降り積もるとまた雪おろし・・・と、なかなか休めません。

美味しいりんごを収穫するために、今日も雪のりんご園でがんばっています!


  

100128kanjiki.jpg右の写真は、雪おろしの作業に必要な「かんじき」と、雪をおろすのに使う「雪かき棒」です。

「かんじき」を履くと、雪の上を沈まずに歩くことができます。今の「かんじき」は、プラスチック製やアルミ製なども売られていますが、昔ながらの杉の木などを曲げて作ったものも健在です。

「雪かき棒」もいろいろな物が売られていますが、こちらの園主の方は、りんごの樹を傷つけないようにと手造りの木製雪かき棒を使用していました。

NEW!「蜜入りりんごQ&A」

 新ページ公開!
 
      "りんご女史"による
          蜜入りりんごQ&A
 
皆さんは、りんごを切った時に黄色く透き通った状態の「蜜(みつ)」と呼ばれている部分を知っていますか?
 
100126ringojyosi.jpgこのページでは、蜜の正体をイラストによってわかりやすく説明しています。
 
蜜の正体は、ハチミツなのか?
   どうやってできるのか?
       などなど…
 
ぜひ、このページでりんごの蜜の正体を知って、よりおいしく、りんごを食べてくださいね!
 
 
 
 

 

100122aomori-apple-titlle.gif皆さん、この寒い冬は、いかがお過ごしですか?

風邪やインフルエンザ予防のため、美味しいりんごを食べていますでしょうか?

今日は、りんご産地である青森県内のスーパーで売られているりんごをご案内いたします。

今の店頭に陳列されているりんごは、「サンふじ」「王林」がほとんどです。

「サンふじ」と「王林」は、ご存知のように、太陽の光をいっぱい浴びて育ったとても美味しいりんごです。

100123aomori-apple.jpg以前も、この品種について詳しくご紹介しましたが、今回は「サンふじ」の選び方についてご紹介します。

<サンふじの選び方> 

おいしい「サンふじ」から、さらにおいしいりんごを選ぶコツとして、りんごの表面に縞が濃く入っているもので、おしりの部分がアメ色(写真参照)のものを選ぶと良いでしょう。参考にしてみてください。

090413sanfujisima.jpg090413sanfujisiri.jpg

※写真のように、縦の縞が濃く
はっきりしていて赤みの強いりんご。

※写真右は緑がかっている。写真左のりんごのように、
お尻がきれいにアメ色付いたものが好ましいです。

 

では、これらのりんごはいくら位で売られているのか、気になりますね。

店によって値段が違いますが、リサーチした店では、サンふじが2個入398円(税込)で、王林が2個入398円(税込)でした。また、葉とらずりんごのサンふじと王林が、どちらも4個入りで398円(税込)で販売されていました。

真冬でも、こんなに新鮮で美味しいりんごを食べれるなんて… 幸せです。

どうぞ、皆さん、美味しい青森りんごをたくさん食べて、寒い冬を乗り切ってください!

 

  

りんごのケセディヤ

100116kesediya.gif「ケセディヤ」はメキシコの代表的な料理の一つで、トルティーヤにクリームチーズ、チェダーチーズ、コリアンダーなどを混ぜたものと、軽く炒めたハム、スパイシーなソーセージとねぎを挟んで焼いたもです。(トルティーヤ : トウモロコシの粉から作られる薄焼きパン)
今日は、皆さんに『りんごのケセディヤ』の作り方をご紹介します。ご自宅で簡単に美味しく作りましょう。 

100122kesediya.jpg

材料【2枚分】 
強力粉200g
ひとつまみ
オリーブオイル大さじ1
ぬるま湯大さじ7
りんご3個
シナモン少々
砂糖50g
スライスチーズ12枚

 

準備作業◎トルティーヤを作る◎ 

a、強力粉、塩、オリーブオイルをビニール袋に入れ、ぬるま湯を加えて手で揉みます。

b、ぽろぽろになったら、台に出してこねます。硬いときは、少しずつぬるま湯を加えます。均一でなめらかになったら、ラップで包んで30分室温で休ませます。

c、生地を4等分して、麺棒でなるべく薄く丸くのばします。フっ素加工のフライパンで油をひかずに中火で両面を軽く焼きます。ぷくっと膨らんで焼き色がついたら出来上がり。フライパンから取り出します。

作り方:

1  りんごは皮をむき、5ミリ角に切ります。フライパンに入れ、砂糖とシナモンを入れて柔らかくなるまで炒めます。

2  フッ素加工のフライパンにトルティーヤを敷き、チーズ、りんご、チーズと順番にのせ、もう一枚のトルティーヤでサンドします。フライパンを熱して、両面を焼いて表面がちょっとカリッとしてチーズが溶けてきたらできあがり~~。

3  焼きあがった「りんごのケセディヤ」を食べやすいようにお好みのサイズに切ります。

 

 

これで、アツアツのケセディヤができました。

とろとろのチーズとりんごの程良い甘さがマッチして、うまい~~

生地のパリパリ、チーズのコク、りんごの香りで、もっと食べたくなりますよ。 


 

 ワンポイント:

冷めたらやや硬くなりますが、充分美味しいです。温かくして食べたい時は、フライパンで二度焼きするよりもレンジで軽~くチンすることをおすすめします。ちなみに、オリーブオイルが入っているので、伸ばす時は台にくっつかないので打ち粉は不要です。焼いたあとのトルティーヤは冷凍可能ですし、ピザの台としても使えます。

 

-量販店・小売店の青果担当の皆様へ-

 りんご情報発信基地 『りんご大学』 へのご訪問、誠にありがとうございます。

当りんご大学では、美味しい青森りんごの販売に役立たせていただくために、「販促ツール(pop)」のコーナーを開設しました。

このコーナーでは、オリジナルデザインのポップを公開しておりますので、お好みのデザインをお選びいただきダウンロードしてご利用いただければ幸いです。(今後アイテムを増やしていきます。)

ダウンロードしたしたポップに、品種名、値段などを記入してご利用ください。

 

ダウンロードの方法は下記です。

100119hannsoku-sampl1.gif①保存したい画像の上で右クリックして、「対象をファイルに保存」を選択してください。

100119hannsoku-sampl2.gif

②そして保存する場所を指定して、ファイル名をつけて保存をクリックしてください。

 

★ ご利用店舗例

100120hannsoku-sirase2.jpg九州屋 中三弘前店100120hannsoku-sirase1.jpg弘南生協 西弘店

 

★ 販促ツール(POP)のページはこちらです。

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg