今収穫されているりんごの最近のブログ記事

tsugaru03c_OL.jpg
りんごには様々な品種がありますが、比較的早い段階で収穫される代表的なものとして「つがる」があります。
 
さて、このつがるには様々な系統があり、その中でも今回は近年栽培が増えてきた着色系の1つ「ひらかつがる」の収穫にお邪魔することができました。
  
青森では8月頃からりんごの収穫が始まりますが、お盆用の夏緑などの極早生種は栽培している数が少ないので、このつがるの収穫が始まるといよいよ本格的なりんごのシーズンが到来したな!という印象を受ける方も多いのではないでしょうか。
 
青森でのつがる収穫最盛期は9月の上旬でまさに今がのりんごです!
photo_yagi17a.jpg
つがるは色の付いたりんごを選んで収穫する「すぐりもぎ」を行う品種ですが、今年は全体的に色付きが良いとのことで、1回目の収穫で大方のりんごをもいでいました。
 
味は酸味が少なく、甘さを多く感じられます。赤く色づいたりんごを目にしたら、ぜひ買ってみてくださいね。早生種としては大変甘いりんごです。
tsugaru01c_OL.jpg
今年も生産者の皆さんの努力のお陰で美味しいりんごができました♪
この機会に味見してみてはいかがでしょうか。
 

ringo_line.gif

  

ringodaigaku_link04.gif

 

りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ

 

りんごの主力品種「ふじ」が美味しそうに色づいて、いよいよ収穫を迎えます。

以前ご紹介した「つがる」は熟したものから収穫する「すぐりもぎ」をしていましたが、「ふじ」は一斉に収穫を行います。(今回ご紹介するのは袋をかけないで栽培した「サンふじ」です)

 

 
 
サンふじは蜜が入りやすく甘~いりんごです。
ツルと葉っぱの付け根が赤くなってくると熟してきたサインなんですよ。
 
DSCN3174-1.jpg DSCN3178-1.jpg

 

りんご生産量日本一の「ふじ」は、ほとんどの農家さんが栽培しており量も多いため、収穫が始まると一家総出だったり、また親戚や知り合いに手伝いを頼んでの収穫となります。

DSCN3180_0001-1.jpg

 

ツルを折らないように、滑って落とさないように、でも手際よく慣れた手つきで収穫していました。

 

DSCN3166-1.jpg

大きさや色づきに多少のばらつきはあるものの、全て収穫してしまいます。そしてすぐその場で、大きさや傷の有無などをチェックしながら選別するんですよ。 

11月の青森県津軽地方は晴れた日でも気温が10℃程の日も多く、街行く人はコートやジャンパーを着ているのですが、作業をしてしばらくすると上着を脱いで汗をかきながら選別されていました。

 

 

ringo_line.gif

 

りんごの収穫時に活躍するものに手かご・はしごがありますが、その他に高所作業車、運搬車もあります。
高いところのりんごの収穫や、次々と移動して収穫したりんごを運ぶのに大活躍です。
 
IMG_0412-1.jpg DSCN3188-1.jpg
 
 

ringo_line.gif

 

ringodaigaku_link04.gif

 

りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介するりんごの品種は「陸奥(むつ)」です。

10月下旬から収穫される中生種のりんごです。栽培方法によって大きく見た目が変わります。

陸奥(有袋)

 

mutu_h.jpg元々は黄緑色の品種ですが、袋をかけて栽培した陸奥(有袋)は美しい紅色に着色します。

 
りんごに袋をかけて光をさえぎることで、花や果実の色素となる配糖体成分であるアントシアニンの生成が抑えられます。そして成熟する前に袋を外して光を当てることで、一気にアントシアニンが出てきてきれいな紅色になるんです。元々黄緑色で着色困難な品種のため、かける袋は遮光度の高い三重袋を使用します。
 
mutsu_hako.jpg
袋をかけることで貯蔵性が高まり、普通冷蔵でも2月頃まで貯蔵が可能です。
 
400g程度の重さがあり、大きいものでは1kgを越すものもあります。その大きさと綺麗な着色を利用して文字絵りんごに活用されることも多いんですよ。

 

 

  

ringo_line.gif

 

サン陸奥(無袋)

 
sunmutu.jpg袋をかけずに栽培した「サン陸奥」は、元々赤い色素がほとんどないため着色せず黄緑色のまま熟します。陸奥(有袋)に比べて酸味が少なく、甘味と酸味が適度で食味もよいりんごです。
 
昔は陸奥(有袋)の美しさからサン陸奥の評価は低く、陸奥(有袋)1個の値段がサン陸奥1箱の値段に相当したこともありました。しかし、生産者やりんご関係者がサン陸奥の本当の美味しさを理解してもらうよう努めた結果、サン陸奥の名前が次第に広まっていきました。
 
 
陸奥ついてのページはこちら ⇒ http://www.ringodaigaku.com/main/hinshu/mu/mutu.html

 

ringo_line.gif

 

弘前市のりんご公園では、1本の陸奥の樹で有袋と無袋の両方で栽培しており、着色の経過を写真で追ってみました。

 
DSCN1960-1.jpg DSCN1958-1.jpg
 8月16日撮影
 
DSCN2610-1.jpg DSCN2608-1.jpg
9月30日撮影
 
DSCN2744-1.jpg DSCN2745-1.jpg
10月4日撮影
 
DSCN2946-1.jpg DSCN2948-1.jpg
10月18日撮影

 

収穫されたものを見ると、同じ品種とは思えない位に違いますが、こうして同じ樹で比べると有袋栽培と無袋栽培の違いがよく分かります。

 

「陸奥」と「サン陸奥」、見かけたらぜひ色の違いを比べてみてください。そして機会があったら食べ比べもしてみてくださいね。

 

 

ringo_line.gif

 

ringodaigaku_link04.gif

 

りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ

 

 

今回ご紹介するりんごの品種は「ジョナゴールド」「シナノスイート」です。

10月中旬から下旬に最盛期を迎える人気品種です。

ジョナゴールド

 
DSCN2924-1.jpg10月中旬から収穫される、中生種を代表する人気品種の1つです。
大玉の多い品種で、鮮明な紅色の美しい外観をしています。果肉は緻密でシャリシャリとした歯応え、さらに果汁も豊富で濃厚です。甘味だけではなく酸味も非常に味わい深く、甘味と酸味のバランスがとれています。

 

IMG_1580-1.jpg

ジョナゴールドの特徴の一つとして「油あがり」があります。

りんごは熟度が進むと、リノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸を分泌し、果皮の保護をし鮮度劣化を防ごうとしているのです。

「油あがり」と呼ばれるこの現象は「つがる」「千秋」などにも多くみられますが、「ジョナゴールド」は他に比べてこの不飽和脂肪酸の分泌量が多い品種です。不飽和脂肪酸は栄養価が高く注目されているもので、食用上全く問題ありません。りんごが自分の身を守ろうとしているんですね。

 

さてこのジョナゴールド、有袋栽培のものは貯蔵性が高いため、多くのものはりんごの鮮度を保つCA冷蔵庫に入れられ保管されます。来年の3月頃に冷蔵庫から出してお店で売られるようになるんですよ。

 CA冷蔵については、こちら

今の時期は、無袋栽培の「サンジョナゴールド」が出回っています。特に酸味を好む方の多い関西方面には多く出荷されているようです。お店で見かけたらぜひ食べてみてくださいね。

 

甘味と酸味のバランスがよく、生食にも加工用にも適したこの「ジョナゴールド」にピッタリのレシピがあります。

IMG_1796-1.jpg

「りんごのタルタル」

りんご自体は生で使用しますが、ジョナゴールドの酸味が玉子とマヨネーズと合い、とってもおいしいですよ。

詳しいレシピは、こちら

 

 

 

ringo_line.gif

 

シナノスイート

DSCN3033-1.jpg早生種の代表格「つがる」と、晩成種の代表格「ふじ」を交配させて誕生した、りんご界のサラブレッドとも言うべきりんごで、 中生種の酸味のある品種が多い中、シナノスイートはその名の通り、長野生まれの甘いりんごです。

 

赤~濃赤色の縞状に色づき、従来の中生種にはない高い糖度と少ない酸味で果汁も多く、最近ではとても人気り、青森県でも生産量を伸ばしている品種です。

 

商品名は公募により一時「あじぴか」になりましたが、同じ名前のみかんが商標登録されていたので、「シナノスイート」に変更されたそうです。今ではすっかり「シナノスイート」の名前で定着しました。

 

DSCN3086-1.jpg

 

青森県産のシナノスイートを食べてみました。

包丁を入れるとふわっとりんごの香りがし、食べてみるとやはり甘くて酸味はほとんどなく、硬すぎずシャキシャキとした食感が味わえました。

  

 

津軽のシナノスイート、この甘さをぜひ生で味わってくださいね。

  

ringo_line.gif

 

 

ringodaigaku_link04.gif

 

りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ

 

 

今回ご紹介するりんごの品種は「世界一(せかいいち)」「北紅(きたくれない)」です。

どちらも10月上旬から収穫される中生種のりんごです。

世界一(せかいいち)

DSCN2752-1.jpg

世界一は青森県りんご研究所が一般農家に試作を依頼し、依頼を受けた農家の一人、弘前市の對馬竹五郎氏の園で最初に結実しました。その果実があまりにも大きかったので「世界一大きいりんごだ」と宣伝したことから、そのまま品種のデビューと命名のきっかけとなりました。

 

151012hikaku.jpg大きさが他の品種と圧倒的に違い、紅玉と比べてみると一目瞭然ですね。

少し縦長めの円錐形をしており、酸味が少なく、食べやすい味です。
果実の重さは300~800gと言われていますが、大きいものだと1kgを超えるものもあります!
大玉のものは見た目のインパクトも食べ応えも十分です。
その大きさから、海外では祝い事や贈り物として用いられることが多く、非常に人気があります。
 
 

ringo_line.gif

 

北紅(きたくれない)

DSCN2943-1.jpg2003年にあおり13として品種登録し、2005年に北紅(きたくれない)と商標登録した比較的新しい品種のりんごです。

 

暗紅色で果実の重さは350~400g前後、糖度が15%を越えるものも珍しくないです。

DSCN3080-1.jpg

完熟すると蜜も入り、手に取るとずっしりと重みを感じます。

果汁は多く噛むと口中に果汁が溢れ、歯ざわり・舌触りがさわやかで甘味を強く感じるおいしいりんごです。

 

 

 

 

 

ringo_line.gif

 

ringodaigaku_link04.gif

 

りんご大学はりんごに関する色々なことを楽しく学ぶことができるバーチャル大学です。 ⇒ りんご大学ホームページはこちらです。

 

ringodaigaku_mail.png

「りんご大学だより」は、りんごの魅力やりんごの最新情報などを週1回お届けするメールマガジンです。ご登録は無料です。あなたもりんごのある美味しい生活をはじめてみませんか? ⇒ 配信ご希望の方は、こちらへ

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月別 アーカイブ

メルマガ購読・解除
 

おススメレシピ


 もっと食べたい!毎日食べたい!「りんごトーストサンド」
recipe_184px.png

img_2251_72px.png
 アップルカッターのお求めは
 販売元:(株)弘果物流
 0172-27-1800
 hirokafleshbin_click_s.jpg