HOME - 食べる - りんごのレシピ

りんご大学のアップルパイ

りんご大学のアップルパイ(完成画像)

材料(18cmのタルト型1個分)

  • ■パイ生地
  • 薄力粉     …… 100g
  • 強力粉     …… 100g
  • バター(有塩) …… 150g
  • 水       …… 100cc
  • 酢       …… 小さじ1
  • ■りんごフィリング
  • りんご     …… 2~3個(紅玉など小さいものは3個)
  • グラニュー糖  …… 50g
  • バター     …… 10g
  • シナモン    …… 少々(お好みで)
  • ■仕上げ用
  • ビスケット   …… 20g
  • 卵黄      …… 1個分

作り方

≪下準備≫ ≪下準備≫<br>※パイ生地づくり最大のポイント!<br>・バターを1㎝角に切り、ラップに包んで冷凍庫で1時間ほど冷やす。<br>
								・薄力粉と強力粉を一緒にふるって、冷蔵庫で冷やす。<br>
								・水と酢を合わせ、冷蔵庫で冷やす

※パイ生地づくり最大のポイント!

・バターを1㎝角に切り、ラップに包んで冷凍庫で1時間ほど冷やす。
・薄力粉と強力粉を一緒にふるって、冷蔵庫で冷やす。
・水と酢を合わせ、冷蔵庫で冷やす

1. パイ生地 1. パイ生地<br>切って冷凍しておいたバターをボウルに入れ、ふるっておいた粉を振りかける。<br>バターのまわりを粉でコーティングするような感じで、手でなじませる。

切って冷凍しておいたバターをボウルに入れ、ふるっておいた粉を振りかける。
バターのまわりを粉でコーティングするような感じで、手でなじませる。

2. 2. 大体なじんだら冷やしておいた水を入れ、ヘラや製菓用カードなどで混ぜる。<br>この時練ったり混ぜすぎたりせず、バターの粒が残っているくらいでよい。

大体なじんだら冷やしておいた水を入れ、ヘラや製菓用カードなどで混ぜる。
この時練ったり混ぜすぎたりせず、バターの粒が残っているくらいでよい。

3. 3. 生地がまとまってきたらひとまとめにし、ラップに包んで冷蔵庫で30分以上寝かせる。<br>なるべく四角くまとめると後で伸ばしやすい。<br>(※ここまでを前日にしておくと、翌日の時間短縮になります)

生地がまとまってきたらひとまとめにし、ラップに包んで冷蔵庫で30分以上寝かせる。
なるべく四角くまとめると後で伸ばしやすい。
(※ここまでを前日にしておくと、翌日の時間短縮になります)

4. 4. 打ち粉(強力粉:分量外)をして生地をめん棒で1㎝の厚さに伸ばす。<br>伸ばした生地を三つ折りにし、ラップに包んで冷蔵庫で10分くらい寝かせる。

打ち粉(強力粉:分量外)をして生地をめん棒で1㎝の厚さに伸ばす。
伸ばした生地を三つ折りにし、ラップに包んで冷蔵庫で10分くらい寝かせる。

5. 5. 4を90度回転し、再度めん棒で1㎝の厚さに伸ばす。<br>
								伸ばした生地を三つ折りにし、ラップに包んで冷蔵庫で10分くらい寝かせる。

4を90度回転し、再度めん棒で1㎝の厚さに伸ばす。
伸ばした生地を三つ折りにし、ラップに包んで冷蔵庫で10分くらい寝かせる。

6. 6. 4~5を3回繰り返す。

4~5を3回繰り返す。

7. りんごフィリング 7. りんごフィリング<br>※パイ生地を寝かせている間に作る<br>りんごは皮と芯を取り除き、8等分に切る。<br>
								鍋にりんご、りんごの皮、グラニュー糖、バターを入れ火にかける。

※パイ生地を寝かせている間に作る

りんごは皮と芯を取り除き、8等分に切る。
鍋にりんご、りんごの皮、グラニュー糖、バターを入れ火にかける。

8. 8. 中火で水分がなくなるまで炒め煮にする。<br>(皮と一緒に炒め煮にすることで、りんごがピンク色になる)<br>水分が飛んだら皮を取り出し、シナモンパウダーを入れひと混ぜして火を止める。

中火で水分がなくなるまで炒め煮にする。
(皮と一緒に炒め煮にすることで、りんごがピンク色になる)
水分が飛んだら皮を取り出し、シナモンパウダーを入れひと混ぜして火を止める。

9. 9. キッチンペーパーを敷いたバットなどにあけ、冷ましておく。

キッチンペーパーを敷いたバットなどにあけ、冷ましておく。

10. 仕上げ 10. 仕上げ<br>オーブンを200℃に予熱しておく。<br>パイ生地を半分にし、それぞれ4~5mm位の厚さに伸ばし、パイシートにする。<br>一つはラップに包み、冷蔵庫に入れておく。

オーブンを200℃に予熱しておく。
パイ生地を半分にし、それぞれ4~5mm位の厚さに伸ばし、パイシートにする。
一つはラップに包み、冷蔵庫に入れておく。

11. 11. 型に伸ばしたパイ生地を敷き、はみ出たところを取り除く。<br>フォークでパイ生地の底に穴を開ける。

型に伸ばしたパイ生地を敷き、はみ出たところを取り除く。
フォークでパイ生地の底に穴を開ける。

12. 12. ビスケットを袋に入れ、めん棒で叩いて細かく砕き、底の生地に敷き詰める。<br>(ビスケットを敷かない場合は省略する)

ビスケットを袋に入れ、めん棒で叩いて細かく砕き、底の生地に敷き詰める。
(ビスケットを敷かない場合は省略する)

13. 13. りんごフィリングを乗せていく。

りんごフィリングを乗せていく。

14. 14. もう半分のパイシートを短冊状に切る。<br>その生地を格子状に編み込む。フチにも一周させフォークの背で留めるように押していく。

もう半分のパイシートを短冊状に切る。
その生地を格子状に編み込む。フチにも一周させフォークの背で留めるように押していく。

15. 15. 艶出しの卵黄を塗る。

艶出しの卵黄を塗る。

16. 16. 200℃に温めたオーブンで20分、180℃に温度を下げてさらに20分焼く。<br>途中焦げそうな場合はアルミホイルを被せる。<br>火の通りを確認したら、完成!

200℃に温めたオーブンで20分、180℃に温度を下げてさらに20分焼く。
途中焦げそうな場合はアルミホイルを被せる。

火の通りを確認したら、完成!

コツ・ポイント

パイ生地を作るときは、バターが溶けないようにすること!

りんごの水分はしっかり飛ばさないと、りんごの水分でパイの底がべちゃべちゃになるので注意。気になる場合は砕いたビスケットを敷く。

パイ生地は冷凍のパイシートでもOKです。
時間がある場合はぜひ生地から作ってみてください。時間はかかりますが、サクサクとした食感とバターの芳醇な香りがたまらなく美味しいですよ。
余った生地にグラニュー糖をまぶして焼いたり、余ったりんごの皮を使って皮パイを作ってみたりと、こちらも絶品です!ぜひお試しください。

りんご大学のアップルパイ(完成画像 その2)

パイに使うりんごは酸味の強い『紅玉』がおススメです。もちろん、他のりんごでも美味しく作れますので、贅沢にたくさん使ってみてください。

りんごレシピ一覧